MapFanの地図が5言語に対応…インバウンド向け 画像 MapFanの地図が5言語に対応…インバウンド向け

IT業務効率

インクリメントPは12月10日、地図サービス「MapFan」のインバウンド(訪日外国人)向け多言語日本地図サイトを無料公開した。

対応言語は、英語、中国語[簡体字/繁体字]、韓国語、タイ語、インドネシア語の5言語6種類。地図の閲覧および各種スポットの検索に対応する。対応言語は今後も順次追加する予定だ。

「MapFan」のインバウンド向け多言語日本地図サイトは、観光スポット、駅、ホテル、コンビニ、銀行、病院など多種多様なスポットを20万件以上収録。フリーワードまたはジャンルでの検索が可能。PC、スマートフォン、タブレットなど、様々なデバイスで利用でき、訪日前の旅行計画や、日本国内での観光の際に役立てることができる。

MapFan、インバウンド向け多言語日本地図サイトを無料公開…5言語に対応

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. いまどきの工事現場ーーパワーショベルの位置決めも自動!?

    いまどきの工事現場ーーパワーショベルの位置決めも自動!?

  4. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  5. 建設会社がノウハウ生かしてウニ養殖へ!

  6. 横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に

  7. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  8. 立って乗るトランスポーター、セグウェイよりも安定感が

  9. 国交省のNETIS、新技術活用進行中!

  10. ドローンの活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設にも応用/最大の需要はインフラの点検

アクセスランキングをもっと見る

page top