MapFanの地図が5言語に対応…インバウンド向け 画像 MapFanの地図が5言語に対応…インバウンド向け

IT業務効率

インクリメントPは12月10日、地図サービス「MapFan」のインバウンド(訪日外国人)向け多言語日本地図サイトを無料公開した。

対応言語は、英語、中国語[簡体字/繁体字]、韓国語、タイ語、インドネシア語の5言語6種類。地図の閲覧および各種スポットの検索に対応する。対応言語は今後も順次追加する予定だ。

「MapFan」のインバウンド向け多言語日本地図サイトは、観光スポット、駅、ホテル、コンビニ、銀行、病院など多種多様なスポットを20万件以上収録。フリーワードまたはジャンルでの検索が可能。PC、スマートフォン、タブレットなど、様々なデバイスで利用でき、訪日前の旅行計画や、日本国内での観光の際に役立てることができる。

MapFan、インバウンド向け多言語日本地図サイトを無料公開…5言語に対応

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる

    【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる

  3. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

    【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  4. AIタクシー、 配車を最適化。予測値の正解制度は92.9%!

  5. SelfieW.Me ……プリクラから進化したマーケティングツールの実例に学ぶ

  6. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】爆買い、インバウンドはこのソリューションでうまくいく<リテールテックJapan>

  7. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  8. リオ五輪出場のタイ人女子プロゴルファー、飛距離の秘密は日本製!

  9. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

  10. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

アクセスランキングをもっと見る

page top