いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは? 画像 いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

マネジメント

 イノベーションが法人営業職についての調査を行った。ネット上でアンケートを行い、20代から60代の営業職男女334名が回答している。

 これは営業を仕事とする人の意識や生活について調査したもの。「営業職につく人が必要ないと思う営業習慣は?」という問いでは、「上司からの長時間の詰め」が25.7%で第1位になっている。営業目標の達成に向け、プレッシャーを加えるいわゆる「詰め」だが、具体的な対策を伴わないことも多い。そのため、結果に結びつかないと考える人が多かったようだ。

 2位は「毎日の朝会」(21.6%)、3位は「過度な接待」(19.8%)がランクイン。朝会に関しては、報告はクラウドサービスなどで行えるため、わざわざ集まる必要がないという考えが増えている。

 「2015年の上期に優秀な成績を残した営業社員の特徴は何ですか」という質問では、「人当たりがとてもよい」という回答が30.8%でトップに。以下、「分析力・リサーチ力が高い」(27.8%)、「プレゼンテーションがうまい」(22.5%)が続いている。理路整然としていると同時に、コミュニケーションスキルが高いことが、業績においても重要と捉えられているようだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省、CLT建築の設計技術基準を4月に新設

    国交省、CLT建築の設計技術基準を4月に新設

  2. 社員のアイデアで物流現場を改善! 佐川ロジが社内大会を初開催

    社員のアイデアで物流現場を改善! 佐川ロジが社内大会を初開催

  3. 国交相が年頭抱負、復興は新ステージ、ストック効果へ重点投資

    国交相が年頭抱負、復興は新ステージ、ストック効果へ重点投資

  4. 「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

  5. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  6. 九州の企業に向けたICTビジネスのアイデアコンテスト、1日から募集開始

  7. 「障がい者視点を生かしたマーケティング・リサーチ」に新展開

  8. 顧客視点から経営革新を推進、日本経営品質賞にスーパーホテル

  9. アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

  10. 日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

アクセスランキングをもっと見る

page top