いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは? 画像 いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

マネジメント

 イノベーションが法人営業職についての調査を行った。ネット上でアンケートを行い、20代から60代の営業職男女334名が回答している。

 これは営業を仕事とする人の意識や生活について調査したもの。「営業職につく人が必要ないと思う営業習慣は?」という問いでは、「上司からの長時間の詰め」が25.7%で第1位になっている。営業目標の達成に向け、プレッシャーを加えるいわゆる「詰め」だが、具体的な対策を伴わないことも多い。そのため、結果に結びつかないと考える人が多かったようだ。

 2位は「毎日の朝会」(21.6%)、3位は「過度な接待」(19.8%)がランクイン。朝会に関しては、報告はクラウドサービスなどで行えるため、わざわざ集まる必要がないという考えが増えている。

 「2015年の上期に優秀な成績を残した営業社員の特徴は何ですか」という質問では、「人当たりがとてもよい」という回答が30.8%でトップに。以下、「分析力・リサーチ力が高い」(27.8%)、「プレゼンテーションがうまい」(22.5%)が続いている。理路整然としていると同時に、コミュニケーションスキルが高いことが、業績においても重要と捉えられているようだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

    伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  2. 中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

    中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

  3. 労働力の過不足調整で農繁期把握と産地間連携、農水省が新規事業

    労働力の過不足調整で農繁期把握と産地間連携、農水省が新規事業

  4. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  5. ママの仕事探し、「週2日」などに加えて○○の存在も人気

  6. 【倒産情報】レディスアパレル「2%TOKYO」が自己破産

  7. 会社の跡継ぎ、事業の引受先が見つからない!? 神奈川県に事業引継ぎ支援センター開設

  8. 外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

  9. 農水省有識者会議、和食文化の継承へ4提案まとめる

アクセスランキングをもっと見る

page top