青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任 画像 青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任

マネジメント

 青森県建設業協会は11月30日に理事会を開き、副会長の鹿内雄二氏(鹿内組社長)を会長とする役員人事を決めた。前会長・今誠康氏の死去(11月23日)に伴うもので、7日付で鹿内氏が会長に就いた。
 任期は16年5月の同協会通常総会まで。同協会会長と東青支部長を兼任する。
 鹿内 雄二氏(しかない・ゆうじ)77年鹿内組入社。83年取締役、88年代表取締役専務、96年代表取締役社長。06年に青森県建設業協会副会長就任。青森市出身、62歳。

青森建協/新会長に鹿内雄二氏(鹿内組社長)就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

    【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  2. 日建連の国際フォーラム、外国人受け入れベストプラクティス表彰

    日建連の国際フォーラム、外国人受け入れベストプラクティス表彰

  3. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

    新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  4. 「マイナンバー制度」対応、中小企業の準備完了は1.3%

  5. 三菱地所が全国3カ所に新規用地取得、物流施設の開発投資加速へ

  6. 日建連「生産性向上推進本部」設置を報告、業界の牽引役期待

  7. KDDIの電力小売事業「auでんき」来春スタート

  8. 西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

  9. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  10. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

アクセスランキングをもっと見る

page top