青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任 画像 青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任

マネジメント

 青森県建設業協会は11月30日に理事会を開き、副会長の鹿内雄二氏(鹿内組社長)を会長とする役員人事を決めた。前会長・今誠康氏の死去(11月23日)に伴うもので、7日付で鹿内氏が会長に就いた。
 任期は16年5月の同協会通常総会まで。同協会会長と東青支部長を兼任する。
 鹿内 雄二氏(しかない・ゆうじ)77年鹿内組入社。83年取締役、88年代表取締役専務、96年代表取締役社長。06年に青森県建設業協会副会長就任。青森市出身、62歳。

青森建協/新会長に鹿内雄二氏(鹿内組社長)就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. 官公庁施設の設計、「耐震診断」も報酬業務に

    官公庁施設の設計、「耐震診断」も報酬業務に

  3. 企業の賃金調査、ベアや賞与に厳しさ浮彫り

    企業の賃金調査、ベアや賞与に厳しさ浮彫り

  4. ケーヒンのダウンサイジング直噴ターボ用システム、米ホンダ車に採用

  5. 【建設業「命」の現場で・21】第4章われらの責任/ウイン・ウインは地域を巡る

  6. 美少女系野菜、キャラクタートラックでPR

  7. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

  8. IHI・満岡次郎新社長が会見「新3カ年計画を着実に実行していく」

  9. 障害者の雇用義務化、農村・障害者・企業は互いの利益模索へ

  10. 「中小企業の《経営論》」第18回:行動を変えても批判がやまない? その理由

アクセスランキングをもっと見る

page top