青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任 画像 青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任

マネジメント

 青森県建設業協会は11月30日に理事会を開き、副会長の鹿内雄二氏(鹿内組社長)を会長とする役員人事を決めた。前会長・今誠康氏の死去(11月23日)に伴うもので、7日付で鹿内氏が会長に就いた。
 任期は16年5月の同協会通常総会まで。同協会会長と東青支部長を兼任する。
 鹿内 雄二氏(しかない・ゆうじ)77年鹿内組入社。83年取締役、88年代表取締役専務、96年代表取締役社長。06年に青森県建設業協会副会長就任。青森市出身、62歳。

青森建協/新会長に鹿内雄二氏(鹿内組社長)就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  2. 「企業のインスタグラム活用法」をテーマとしたセミナー開催

    「企業のインスタグラム活用法」をテーマとしたセミナー開催

  3. 野村不HD、新中期計画で複合開発や大規模開発へ注力

    野村不HD、新中期計画で複合開発や大規模開発へ注力

  4. 「予約忘れ」も理由の8.9%――店舗を悩ませる「予約キャンセル」の調査結果発表

  5. 愛媛県がUIJターン支援、県外からの人材雇用に最長3か月間給料など助成

  6. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  7. 本日から中小企業への資金繰り支援を強化! 中企庁

  8. もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

  9. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  10. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

アクセスランキングをもっと見る

page top