青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任 画像 青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任

マネジメント

 青森県建設業協会は11月30日に理事会を開き、副会長の鹿内雄二氏(鹿内組社長)を会長とする役員人事を決めた。前会長・今誠康氏の死去(11月23日)に伴うもので、7日付で鹿内氏が会長に就いた。
 任期は16年5月の同協会通常総会まで。同協会会長と東青支部長を兼任する。
 鹿内 雄二氏(しかない・ゆうじ)77年鹿内組入社。83年取締役、88年代表取締役専務、96年代表取締役社長。06年に青森県建設業協会副会長就任。青森市出身、62歳。

青森建協/新会長に鹿内雄二氏(鹿内組社長)就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 鹿島道路、増永修平氏が4月1日付で社長就任

    鹿島道路、増永修平氏が4月1日付で社長就任

  2. 2014年度教育産業市場、eラーニングなど6分野が拡大

    2014年度教育産業市場、eラーニングなど6分野が拡大

  3. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

    【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  4. マイナス35度でも走行可能!低温環境対応の無人搬送車を開発

  5. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  6. 国交省、市街地再開発の施行要件を大幅緩和

  7. トンボとイーストボーイが学校制服分野で提携

  8. シャープ、鴻海が買収……従業員・技術・ブランド維持など課題

  9. 「平戸市はなぜ、ふるさと納税で日本一になれたのか」を市長に聞いた

  10. ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!?

アクセスランキングをもっと見る

page top