青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任 画像 青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任

マネジメント

 青森県建設業協会は11月30日に理事会を開き、副会長の鹿内雄二氏(鹿内組社長)を会長とする役員人事を決めた。前会長・今誠康氏の死去(11月23日)に伴うもので、7日付で鹿内氏が会長に就いた。
 任期は16年5月の同協会通常総会まで。同協会会長と東青支部長を兼任する。
 鹿内 雄二氏(しかない・ゆうじ)77年鹿内組入社。83年取締役、88年代表取締役専務、96年代表取締役社長。06年に青森県建設業協会副会長就任。青森市出身、62歳。

青森建協/新会長に鹿内雄二氏(鹿内組社長)就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

    激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

  2. 竹中工務店15年12月期、売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復

    竹中工務店15年12月期、売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復

  3. 日鳶連、新年の「祝いの木遣り」を国交省で披露

    日鳶連、新年の「祝いの木遣り」を国交省で披露

  4. 日建連、生産性向上の4本柱を検討

アクセスランキングをもっと見る

page top