VWの不正対象車が80万台から3.6万台に 画像 VWの不正対象車が80万台から3.6万台に

海外進出

排ガス中のNOX(窒素酸化物)データだけでなく、CO2(二酸化炭素)データにも不正が発覚したフォルクスワーゲングループ。CO2の不正対象車が、当初の発表よりも大幅に少なくなる見通しであることが分かった。

これは12月9日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。「CO2の不正対象車は、およそ3万6000台になる見込み」と公表している。

フォルクスワーゲングループは11月3日、排ガス中のCO2の量を示すデータを、不正に操作していたと認めた。ディーゼルだけでなく、ガソリンエンジンも含まれ、欧州でおよそ80万台が対象になると説明していた。

また同社は、CO2不正という新たな問題発覚によって、リコール(回収・無償修理)などの費用が、最大でおよそ20億ユーロ(約2656億円)上乗せされるとの見通しも示していた。

今回、CO2不正の対象車が80万台から3万6000台に大幅減少する見込みとなったことで、対策費用も減ることに。フォルクスワーゲングループは、「20億ユーロも必要ではないだろう。CO2排出量を再測定した結果によって、財務面への影響を判断していく」と説明している。

VWのCO2不正、対象が大幅減少…80万台から3.6万台に

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  3. スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

    スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

  4. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  5. 英ワイン品評会上位の“SAKE”、その味は?

  6. イチゴの長距離船便に対応するパッケージ。鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

  7. 双日、ミャンマーで外食事業に参入。3月にフードコートをオープン

  8. 中国、「緑色食品」で残留農薬問題解決へ

  9. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  10. ミャンマーで自動車整備人材が必要な理由。

アクセスランキングをもっと見る

page top