圏央道・境古河IC~つくば中央IC開通は2016年度内 画像 圏央道・境古河IC~つくば中央IC開通は2016年度内

インバウンド・地域活性

国土交通省関東地方整備局とNEXCO東日本は、圏央道・境古河IC~つくば中央IC間の開通について、2016年度以内の見通しがたったと発表した。

2015年9月に発生した「関東・東北豪雨」により常総IC近くの鬼怒川が氾濫。工事現場が浸水した。軟弱地盤上における盛土した場所の一部で地盤沈下が予測以上に進行していたため、国交省関東地方整備局とNEXCO東日本は、「軟弱地盤対策検討委員会」を設置し、その対策等を検討してきた。

2015年12月8日に開催した委員会での検討結果や工程を精査した結果、2016年度以内に開通できる見通しがたった。国交省関東地方整備局とNEXCO東日本は、早期開通に向け、工程短縮などを行い一日も早い開通を行うと説明している。

圏央道・境古河IC~つくば中央IC間、2016年度内に開通へ

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

    首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  2. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. 富裕層インバウンドの法則その2

  9. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  10. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top