【Key Person】新菱冷熱工業経営企画部企画課長・佐川美佳氏 画像 【Key Person】新菱冷熱工業経営企画部企画課長・佐川美佳氏

マネジメント

 ◇ダイバーシティー推進にも一役
 経営企画部で中期経営計画の策定など企業経営の根幹に関わる仕事をこなす一方、14年度からCSR推進室を兼務。ダイバーシティー(人材の多様化)施策の検討に携わっている。日本空調衛生工事業協会(日空衛、野村春紀会長)が10月30日に金沢市で開いた全国会議では、女性技術者によるパネルディスカッションの司会を務めるなどダイバーシティーに関連する活動の幅が広がっている。
 空調衛生工事業界で女性の活躍を進めるには、「企業風土の変革が必要ではないか」と提案する。「女性だからと特別視し過ぎず、仕事をする仲間として周囲が理解する。出産や育児といった女性特有のライフイベントへの配慮も必要。各社が制度を充実させていけば、女性社員を受け入れる土壌ができてくる」。
 同社では、女性入職者数の目標数値の設定や社内制度の改善、女性社員向け安全作業用品の展開など、15年度からさまざまな施策を展開している。「何事も継続することが重要。続けていく中で出てきた課題を着実に解決していけば、男女関係なく労働環境の改善につながる」。今後については、「CSR推進室の立場から、微力ながらダイバーシティー推進に向けて力添えできれば」と話す。
 日空衛が15年度に初めて開催した女性技術者によるパネルディスカッションについては、「女性の立場からの意見を経営者の方々に聞いてもらう良い機会だった」と評価する一方で、「次回同じテーマで議論するなら、管理者側の苦労を取り上げるなど、議論がもう一歩進むことを期待している」とも。
 (さがわ・みか)

 

Key Person/新菱冷熱工業経営企画部企画課長・佐川美佳氏

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省、社保未加入5万業者を11月に前倒し指導

    国交省、社保未加入5万業者を11月に前倒し指導

  2. 自動車産業の10年後を見据えたグローバル戦略――日本のものづくりが生き残るため

    自動車産業の10年後を見据えたグローバル戦略――日本のものづくりが生き残るため

  3. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

    新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  4. アイシン精機決算――3期ぶりの減益だが今期で回復見込み

  5. 鹿島道路、増永修平氏が4月1日付で社長就任

  6. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  7. 三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

  8. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  9. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  10. 三井不動産レジデンシャルら3社、横浜市中区に58階建て複合ビル計画

アクセスランキングをもっと見る

page top