【回転窓】週休2日への本気度 画像 【回転窓】週休2日への本気度

マネジメント

 〈スーツを着て通勤できる工事現場に〉-。1990年代初め、建設産業のイメージアップに向けた活動でこんなキャッチフレーズを聞いた記憶がある▼現場事務所にはきれいな更衣室が整備され、夕方に定時で仕事を終えるとシャワーで汗を流し、朝着てきたスーツに着替えて現場を後にする。そのままおしゃれなレストランに行くもよし、好きな音楽コンサートを楽しむもよし。駆け出し記者だった当時、近い将来きっと実現する働き方だと信じて疑わなかった▼あれから四半世紀。建設業界で深刻化する担い手不足の問題に抜本的な改善の兆しを見いだすのは難しい。若者の興味を引くだけのイメージアップには意味がない。やはり働く人たちの環境改善に官民がより本気で取り組むことが必要だ▼急がれるのが、建設現場への週休2日制の導入。施工条件が個々に異なる建設現場で週休2日の実現にはクリアすべき課題も多い。公共事業でのモデル工事などを通じて実効ある施策が講じられていってほしい▼スーツを着ての通勤に賛否はあろうが、現場の労働時間を減らせないままでは明るい展望は開けない。

回転窓/週休2日への本気度

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

    鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  2. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  3. 東亜建設工業社長に秋山代表取締役兼執行役員副社長、6月就任

    東亜建設工業社長に秋山代表取締役兼執行役員副社長、6月就任

  4. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  5. 養殖用飼料や建材の高騰など、7月の円安関連倒産は6件――東京商工リサーチ

  6. 経済調査会、理事長に高田実男氏就任

  7. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  8. ASEAN市場の拡大見据え、現地で自動車部品流通の仕組み構築へ

  9. やりがいある飲食企業1位にスタバ、その秘密は?

  10. 国交省、多様な入札契約を全国展開…16年度に自治体向け指針

アクセスランキングをもっと見る

page top