【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

インバウンド・地域活性

なめらかな質感の陶器
  • なめらかな質感の陶器
  • 伊藤克紀社長
  • ぎやまん陶「茄子紺ブルー」
  • ぎやまん陶「利休グリーン」
  • ぎやまん陶「漆ブラウン」
  • ぎやまん陶が使われたベルサイユ宮殿の晩餐会のようす
  • ディオール本店に並ぶぎやまん陶
  • ディオール本店を訪れた伊藤夫妻
 岐阜県土岐市でつくられている、ある磁器が世界から注目を集めている。その磁器とは、ガラスのような透明感ある質感を実現した「ぎやまん陶(とう)」だ。

 商品自体の歴史は5年ほどだが、ベルサイユ宮殿で行われた晩餐会に採用されたり、高級ファッションブランド「ディオール」のパリ本店で販売されたりと、世界で高い評価を得ている。製造元は、大正10年創業の窯元で、従業員20名ほどの株式会社カネコ小兵製陶所(岐阜県土岐市)。伝統を継承しつつも、新たな視点を取り入れ、キラリと光るものづくりに取り組む伊藤克紀社長に、開発ヒストリーを聞いた。

■廃業の危機が、挑戦の力に
 日本有数の陶磁器生産量を誇る岐阜県土岐市およびその界隈でつくられる陶磁器は、美濃焼と呼ばれ、国から伝統的工芸品に認定されている。その窯元のひとつ、カネコ小兵製陶所は、かつて熱燗用の徳利を製造していた。ピーク時の1970年代は、年間160万個を生産し、国内有数の徳利メーカーとしてその名を馳せた。

 しかし1990年代に入ると、飲酒習慣の多様化から熱燗離れが進み、生産量は徐々に下降。同業者の多くは廃業した。カネコ小兵製陶所も「1996年から2005年までの10年間で出荷本数が98%ダウン。価格競争も激しくなる一方」というほど危機的状況に。「生き残るには、人をあっと驚かせるような器をつくるしかない」と伊藤社長は、新たな付加価値を生み出すことに挑戦するようになる。

 その付加価値のひとつとして伊藤社長の眼に留まったのが、うるし塗りだ。あの独特の光沢と深みを、磁器でどうやって再現させるか。

 「理論上では、うわ薬にあめ釉(ゆう)と呼ばれる溶液を配合すれば再現できることは分かっていました。だから先人たちも挑戦してきましたが、成功したという話を聞いたことがありません。ごく稀に成功したとしても、それは偶然だったりします。うわ薬の配合、塗り方、窯の温度調整など、それら何千、何万もの組み合せの中から、たったひとつの法則を導くには途方もない時間がかかります」

 どのような作業だったのか。

《DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 中国企業が大阪の中小に熱い視線!いまこそ「匠」の技を!

    中国企業が大阪の中小に熱い視線!いまこそ「匠」の技を!

  2. 中野駅ビル計画、見直し検討へ?

    中野駅ビル計画、見直し検討へ?

  3. 本厚木駅開発、17年7月着工めざす

    本厚木駅開発、17年7月着工めざす

  4. おにぎりが人気! 米の中食需要、前年比5%増

  5. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  6. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  7. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  8. 【インバウンド向けホステル浸透中!:4】プリンスホテルのおもてなしは、???が違う!

  9. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  10. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top