来年3月に第2世代Apple Watch発表? 4インチiPhoneも登場か 画像 来年3月に第2世代Apple Watch発表? 4インチiPhoneも登場か

IT業務効率

 アップルが来年3月にプレスイベントを開き、第2世代のApple Watchを発表する——。アップル情報サイトの9to5Macが事情に詳しい関係者の話としてこう伝えた。新型Apple Watchは4月までに出荷されるという。さらに小ぶりの4インチディスプレーを持つiPhone 6cも、このイベントに登場するかもしれないとしている。

 Apple Watchは今年4月に発売され、9月には新色と新しいバンドが追加、ソフトウエアもアップデートした。アップルは第1世代のApple Watchが発売される前から、FaceTimeで顔を映しながらテレビ電話ができるビデオカメラ、iPhoneとの接続なしでもさまざまな機能を実行できるワイヤレスチップセットの内臓、健康状態をモニターするセンサーなどについて、開発を進めているという。ただ、新型でどういった機能が加わるかは今の段階では不明だ。

 一方、現在発売されているiPhone 6sは4.7インチ、iPhone 6s Plusは5.5インチだが、一部のユーザーからは片手で操作がしやすい4インチモデルを求める声もあがっている。4インチモデルはMPUにiPhone6sと同じ最新のA9チップを搭載しながら、その他の仕様についてはiPhone 5sとiPhone 6sの間くらいに落ち着くと9to5Macでは見ている。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  2. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  3. 新宿三井ビル屋上設置TMD、制震効果を発揮。建物の揺れを軽減

    新宿三井ビル屋上設置TMD、制震効果を発揮。建物の揺れを軽減

  4. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  5. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  6. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  7. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  8. 【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

  9. 【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

  10. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

アクセスランキングをもっと見る

page top