電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加 画像 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

インバウンド・地域活性

ワンホイール運営事務局は、ハンドル、アクセル、ブレーキ操作特許技術機能を搭載した電動一輪車「ワンホイール i-1」(国産スタンダードモデル450W)のテスト販売を、限定100台程度追加すると発表した。

事前募集受付をした企業向け、イノベーター個人向けにテストモニター販売用として12月中旬頃~2016年1月頃までに出荷する予定。

今回販売するのは限定生産品で、フル・アルミフレームを採用、車両総重量を約20kg程度までに軽量化した。動力電源の60V以外にも、将来の拡張電源(公道仕様拡張、ロボット制御機能拡張など)として12V電源も標準装備する。

簡易に脱着できるボトル型リチウムバッテリーパックに「12Vシガライターソケット」と「USB電源」を標準装備する。車両装着時や取り外し後も、ポータブル電源、災害時のライフライン非常用電源としてスマホやタブレットへの充電電源をはじめ、オプションのDCコンバーター装着で100V電源も取れることから、利用目的に応じて広範囲な活用ができる。

電動一輪バイクは、タイヤが一つ、体積や重量が通常のガソリンバイクの4分の1~5分の1で済み資源消費を低減させることが可能。また、電動一輪車は不安定な危険特性を持つが、ホイールベースが無く理論上は究極の小回りを実現できる。

スタンダードモデル(450W)は、最大航続距離が15-30km程度/1充電、ハンドル下側のタンクに見える部分には1~2パックの脱着可能型リチウムイオンバッテリーを搭載できる。バッテリーパックは、簡易に取り外し可能で、予備に数本持っていれば交換により、45-60kmの連続走行も可能。最高速度は20km/h程度で、乗る人の体重により変動する。

メーカー希望小売価格は34万8000円(本体+専用リチウム+充電器)の予定。

電動一輪車「ワンホイール i-1」のテスト販売、100台を追加

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

    【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】「どうせ無理」をなくす、北海道の元祖下町ロケット

  5. 【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費”

  6. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  7. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  8. 富裕層インバウンドの法則その1

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  10. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

アクセスランキングをもっと見る

page top