小売業やサービス業の接客対応、“おもてなし”を英語でマスター 画像 小売業やサービス業の接客対応、“おもてなし”を英語でマスター

人材

 マンツーマン英会話スクール「Gaba」を運営するGABA(ガバ)が、小売業やサービス業の接客スタッフ向けに、英語での接客対応を学べるセミナー「Retail」を開講する。

 近年では訪日外国人観光客の増加とともに、インバウンドビジネスも市場拡大の一途をたどっている。しかし、外国人客を顧客へと結びつけなければ、インバウンドによる売り上げアップは見込めない。

 そこで、特に小売業やサービス業の接客スタッフ向けに、英語による接客術を指導するのが同セミナーだ。1回2時間制で、セミナー中の会話はすべて英語。来店時の挨拶から商品やサービス購入の御礼まで、接客対応に必要なフレーズをマスターすることはもちろん、実際にアクティビティやロールプレイなどを通じて、“おもてなし”を英語でマスターできる。

 同社によるとGabaのマンツーマン英会話で英語力を身に付け、同セミナーを受講するのが効果的とのこと。セミナーの開始は来年2月から。対象はGabaのレベル1~3の英会話力を持ち、なおかつGabaマンツーマン英会話の有効レッスンポイントを持つ人となる。開催場所はセミナールームが併設されている一部のGabaラーニングスタジオ。

 なお、基本的な接客対応の言い回しやフレーズを学ぶことのできる補完教材「Retail shortcuts」も、来年2月に発売予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  2. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  3. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  4. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  5. 主要ゼネコンの入社3年以内の定着率、「満足」は・・・

  6. 【社歌コン 応募社の横顔:12】動画を通じたファンとの交流-東京のバス会社

  7. ゼネコン各社が女性の新卒採用を拡大。16年春入社は140人増の17%に

  8. がん検診率ほぼ100%を達成した中小企業、古川の取り組みとは?

  9. 国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

  10. 日立ビルシステムの社長に佐藤寛会長、4月1日就任

アクセスランキングをもっと見る

page top