東京メトロ銀座線、透過型ホームドア整備へハーフタイプを初導入 画像 東京メトロ銀座線、透過型ホームドア整備へハーフタイプを初導入

インバウンド・地域活性

 東京メトロは、大規模リニューアルが進む銀座線上野駅(東京都台東区)に、透過型ホームドア(ハーフハイトタイプ)を導入する。透過型は南北線で天井まで覆うタイプの導入事例はあるが、腰高程度のホームドアでの本格導入は初めてになるという。
 同社管轄の179駅中84駅でホームドアの整備が完了済み(設置率47%)。今後、未整備箇所への設置に当たり、ホーム上の視認性や開放感の向上などにつながる透過型ホームドアの導入を検討していく。
 ホームの安全対策の一環で、同社は全駅へのホームドア設置、ホームと車両との隙間が大きい箇所への可動ステップの設置を進めている。
 透過型ホームドアのハーフハイトタイプについては、13年12月に有楽町線豊洲駅のホームに1車両分だけ試験的に導入。これまでの運用状況や利用者の意見などを踏まえ、上野駅で本格導入することにした。
 上野駅の1番ホーム(渋谷方面)側に透過型ホームドアと可動ステップを20日に設置する予定。その後、配線工事や機器調整、職員訓練などを経て、16年3月12日に供用を開始する。設置コストは4億円を見込む。

東京メトロ/銀座線に透過型ホームドア整備へ/ハーフタイプを初導入

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  7. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top