東京メトロ銀座線、透過型ホームドア整備へハーフタイプを初導入 画像 東京メトロ銀座線、透過型ホームドア整備へハーフタイプを初導入

インバウンド・地域活性

 東京メトロは、大規模リニューアルが進む銀座線上野駅(東京都台東区)に、透過型ホームドア(ハーフハイトタイプ)を導入する。透過型は南北線で天井まで覆うタイプの導入事例はあるが、腰高程度のホームドアでの本格導入は初めてになるという。
 同社管轄の179駅中84駅でホームドアの整備が完了済み(設置率47%)。今後、未整備箇所への設置に当たり、ホーム上の視認性や開放感の向上などにつながる透過型ホームドアの導入を検討していく。
 ホームの安全対策の一環で、同社は全駅へのホームドア設置、ホームと車両との隙間が大きい箇所への可動ステップの設置を進めている。
 透過型ホームドアのハーフハイトタイプについては、13年12月に有楽町線豊洲駅のホームに1車両分だけ試験的に導入。これまでの運用状況や利用者の意見などを踏まえ、上野駅で本格導入することにした。
 上野駅の1番ホーム(渋谷方面)側に透過型ホームドアと可動ステップを20日に設置する予定。その後、配線工事や機器調整、職員訓練などを経て、16年3月12日に供用を開始する。設置コストは4億円を見込む。

東京メトロ/銀座線に透過型ホームドア整備へ/ハーフタイプを初導入

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  2. 小田原箱根商議所が平成の城下町・宿場町構想を発表、江戸時代の景観復活へ

    小田原箱根商議所が平成の城下町・宿場町構想を発表、江戸時代の景観復活へ

  3. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 大阪城パークセンター、旧第四師団司令部庁舎はどう変わるのか?

  6. 大分県の屋内スポーツ施設、ラグビーワールドカップまでに完成

  7. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  8. 成田空港四者協議会、第3滑走路新設検討、整備費は1000億規模

  9. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

アクセスランキングをもっと見る

page top