企業倒産件数、11月として1990年以来の低水準、製造・小売は苦戦 画像 企業倒産件数、11月として1990年以来の低水準、製造・小売は苦戦

マネジメント

 東京商工リサーチが発表した月次全国企業倒産状況によると、11月の倒産件数は711件。11月としては1990年以来の低水準を記録した。

 倒産件数は前年同月比の約3.3%減(25件減)で、前年同月を下回ったのは8カ月連続。一方、負債総額は前年同月比の約22.6%増(261億7300万円増)で、2カ月ぶりに前年同月を上回った。

 倒産件数が減ったにも関わらず負債総額が増加したのは、10億円以上の大型倒産が多かったため。件数では前年同月よりも6件多い24件で、前年同月比増となったのは8カ月ぶり。負債額100億円の大型倒産も2カ月ぶりに発生した。

 産業別にみると、全10産業のうち6産業が前年同月を下回った。上回った産業は製造業、小売業、金融・保険業、不動産業で、製造業は3カ月ぶりに前年同月を上回る112件(前年同月比23%増)。内訳では外衣・シャツ製造が前年の6件から12件へ、惣菜製造などを含むその他の食料品製造は2件から8件へと大きく増加した。

 小売業は2カ月ぶりに前年同月を上回る97件(前年同月比42.6%増)。内訳は、電気機械器具などの機械器具小売が3件から12件へと大幅に増加した。不動産業は26件同13%増で6カ月ぶりに前年同月比増。金融・保険業は今年最多の11件(同120%増)を記録した。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【インタビュー】天津事故の影響は?外販比率は? アイシン精機 伊原新社長に聞く

    【インタビュー】天津事故の影響は?外販比率は? アイシン精機 伊原新社長に聞く

  2. 10万円からのマイナンバー対策……CTCが準備パッケージを提供開始

    10万円からのマイナンバー対策……CTCが準備パッケージを提供開始

  3. 国交省、社保未加入5万業者を11月に前倒し指導

    国交省、社保未加入5万業者を11月に前倒し指導

  4. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  5. ブレンド米で勝負! すし、丼……用途限定 業務向け単価高く

  6. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  7. 官公庁施設の設計、「耐震診断」も報酬業務に

  8. 職場を盛り上げる取り組みが集結…「第2回 グッド・アクション」表彰式

  9. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

  10. 映画雑誌「SCREEN」発行元が自己破産

アクセスランキングをもっと見る

page top