企業倒産件数、11月として1990年以来の低水準、製造・小売は苦戦 画像 企業倒産件数、11月として1990年以来の低水準、製造・小売は苦戦

マネジメント

 東京商工リサーチが発表した月次全国企業倒産状況によると、11月の倒産件数は711件。11月としては1990年以来の低水準を記録した。

 倒産件数は前年同月比の約3.3%減(25件減)で、前年同月を下回ったのは8カ月連続。一方、負債総額は前年同月比の約22.6%増(261億7300万円増)で、2カ月ぶりに前年同月を上回った。

 倒産件数が減ったにも関わらず負債総額が増加したのは、10億円以上の大型倒産が多かったため。件数では前年同月よりも6件多い24件で、前年同月比増となったのは8カ月ぶり。負債額100億円の大型倒産も2カ月ぶりに発生した。

 産業別にみると、全10産業のうち6産業が前年同月を下回った。上回った産業は製造業、小売業、金融・保険業、不動産業で、製造業は3カ月ぶりに前年同月を上回る112件(前年同月比23%増)。内訳では外衣・シャツ製造が前年の6件から12件へ、惣菜製造などを含むその他の食料品製造は2件から8件へと大きく増加した。

 小売業は2カ月ぶりに前年同月を上回る97件(前年同月比42.6%増)。内訳は、電気機械器具などの機械器具小売が3件から12件へと大幅に増加した。不動産業は26件同13%増で6カ月ぶりに前年同月比増。金融・保険業は今年最多の11件(同120%増)を記録した。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第15回:中小企業による海外販路開拓(3)…代理店とは?

    「中小企業の《経営論》」第15回:中小企業による海外販路開拓(3)…代理店とは?

  2. 「中小企業の《経営論》」第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

    「中小企業の《経営論》」第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

  3. 大成建設、土に帰る「のり面緑化用の枠材」を開発

    大成建設、土に帰る「のり面緑化用の枠材」を開発

  4. 会社の跡継ぎ、事業の引受先が見つからない!? 神奈川県に事業引継ぎ支援センター開設

  5. 航空機の組立ロボット、大手以外でも普及中……生産効率向上、品質安定化狙う

  6. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  7. 日建連「生産性向上推進本部」設置を報告、業界の牽引役期待

  8. 文化シヤッター社長に潮崎敏彦取締役兼専務執行役員、4月1日就任

  9. いとうせいこう氏×パタゴニア日本支社長辻井隆行氏―自然を体験し財産守る

  10. 上半身に着るストッキング……パアグが「見せるインナー」開発

アクセスランキングをもっと見る

page top