仙台市地下鉄東西線が開業、震災を乗り越え東西の起点駅で式典 画像 仙台市地下鉄東西線が開業、震災を乗り越え東西の起点駅で式典

インバウンド・地域活性

 仙台市太白区八木山と市沿岸の若林区荒井を結ぶ地下鉄東西線が6日に開業した。
 03年に第1種鉄道事業の認可を受け、07年に土木本体工事に着手。11年の東日本大震災を乗り越え、着工から約9年弱で全線開業にこぎ着けた。
 同日、東の起点となる荒井駅と、西の起点となる八木山動物公園駅で開業を祝う式典が開かれ、丘陵部と沿岸部を結ぶ新たな交通軸の完成を祝った。
 地下鉄東西線は東の荒井駅から西の八木山動物公園駅まで13カ所の地下駅舎を設置。全国で7例目となるリニアモーター駆動車両を採用し、総延長13・9キロを26分で走行する。
 東日本大震災では約半年程度工事を止めたものの、工期短縮などの工夫により、当初の予定通り15年度の開業に間に合わせた。発災当時、施工現場では地震動による大きな被害はなく、地下鉄の構造が地震に強いことを立証した。
 震災から約1年後の12年2月に軌道工事に着手し、昨年7月にすべてのトンネルが貫通した。今年2月にはレール締結式が大町西公園駅で行われ、市西部と沿岸を結ぶ延長13・9キロの線路が一本につながった。

仙台市地下鉄東西線が開業/東日本大震災を乗り越え/東西の起点駅で式典

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

    越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  3. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  4. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 富裕層インバウンドの法則その2

  7. 兵庫県で明舞団地など老朽2住宅を建替、バリアフリー化へ

  8. 大丸心斎橋店本館を建替、ヴォーリズ建築の価値を継承

  9. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  10. JR東海、12月に「南アルプストンネル」の建設工事に着手

アクセスランキングをもっと見る

page top