仙台市地下鉄東西線が開業、震災を乗り越え東西の起点駅で式典 画像 仙台市地下鉄東西線が開業、震災を乗り越え東西の起点駅で式典

インバウンド・地域活性

 仙台市太白区八木山と市沿岸の若林区荒井を結ぶ地下鉄東西線が6日に開業した。
 03年に第1種鉄道事業の認可を受け、07年に土木本体工事に着手。11年の東日本大震災を乗り越え、着工から約9年弱で全線開業にこぎ着けた。
 同日、東の起点となる荒井駅と、西の起点となる八木山動物公園駅で開業を祝う式典が開かれ、丘陵部と沿岸部を結ぶ新たな交通軸の完成を祝った。
 地下鉄東西線は東の荒井駅から西の八木山動物公園駅まで13カ所の地下駅舎を設置。全国で7例目となるリニアモーター駆動車両を採用し、総延長13・9キロを26分で走行する。
 東日本大震災では約半年程度工事を止めたものの、工期短縮などの工夫により、当初の予定通り15年度の開業に間に合わせた。発災当時、施工現場では地震動による大きな被害はなく、地下鉄の構造が地震に強いことを立証した。
 震災から約1年後の12年2月に軌道工事に着手し、昨年7月にすべてのトンネルが貫通した。今年2月にはレール締結式が大町西公園駅で行われ、市西部と沿岸を結ぶ延長13・9キロの線路が一本につながった。

仙台市地下鉄東西線が開業/東日本大震災を乗り越え/東西の起点駅で式典

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 富裕層インバウンドの法則その5

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

アクセスランキングをもっと見る

page top