16年度建築保全業務労務単価決定、12分類の全国平均1.05%上昇 画像 16年度建築保全業務労務単価決定、12分類の全国平均1.05%上昇

マネジメント

 国土交通省は7日、建築保全業務の積算に用いる16年度の「建築保全業務労務単価」を決定したと発表した。単価は保全技師・保全技術等(6分類)、清掃員(3分類)、警備員(3分類)の3カテゴリーで12分類されている。16年度単価は全職種・全国平均で前年度比1・05%の上昇となった。
 労務単価は、同省が毎年実施する実態調査結果に基づき、所定労働時間8時間当たりの基本給相当額と基準内手当と、1日当たりの臨時の給与(賞与等)で構成する「日割り基礎単価」となる。
 労務単価のカテゴリー別の伸び率は、保全技師・保全技術員等が1・36%、清掃員が1・44%、警備員が0・05%といずれも上昇した。各単価は、各ブロックを代表する北海道、宮城、東京、新潟、愛知、大阪、広島、香川、福岡、沖縄の10地区で設定されている。
 正規時間外の単価を算出するために、日割り基礎単価に乗じて時間当たりの「割増基礎単価」を出すのに用いる割合は、保全技師Iが9・2%(15年度と比べて増減なし)、同IIが9・7%(9・6%)、同IIIが9・3%(増減なし)、保全技師補が9・6%(9・5%)、保全技術員が9・6%(増減なし)、保全技術員補が9・6%(同)、清掃員Aが10・5%(増減なし)、同Bが11・1%(11・0%)、同Cが11・4%(増減なし)、警備員Aが9・8%(9・7%)、同Bが10・3%(10・2%)、同Cが10・7%(10・8%)。
 これらに時間外と夜勤(午後10時~午前5時)に対応した値を乗じた単価を時間で掛け合わせることで、それぞれの手当を算定することになる。
 全国一律の宿直単価は4000円(15年度4000円)となった。設定された単価に宿泊の回数を乗じることで、宿直手当を算定する。

国交省/16年度建築保全業務労務単価決定/12分類の全国平均1・05%上昇

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

    もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

  2. 岡山市にダンプ・トラック・冷凍車他商用車・業務用車両専門のレンタカー――オリックストラックレンタル

    岡山市にダンプ・トラック・冷凍車他商用車・業務用車両専門のレンタカー――オリックストラックレンタル

  3. ダイドードリンコ、トルコの飲料製造子会社3社を子会社化

    ダイドードリンコ、トルコの飲料製造子会社3社を子会社化

  4. 改造内閣、国交相に旧建設省技官出身・石井啓一氏

  5. マンション傾斜問題、国交省が再発防止へ有識者委員会を設置

  6. 麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任

  7. 独身者の帰省費用負担、ゼネコンで新たな焦点に

  8. IHI・満岡次郎新社長が会見「新3カ年計画を着実に実行していく」

  9. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

  10. 三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

アクセスランキングをもっと見る

page top