“牧場直送”チーズを楽しめる店を名古屋へ、酪農家と外食連携 画像 “牧場直送”チーズを楽しめる店を名古屋へ、酪農家と外食連携

インバウンド・地域活性

 愛知県西尾市で酪農と加工品製造・販売を営む合同会社「酪」は、名古屋市の中心部にフレッシュチーズを提供する店をオープンした。牧場で生産した生乳を保存料や防腐剤を使わず、その日のうちに同社工房で加工。翌日には店に出る。輸送中の温度も厳重に管理し、牧場直送の作り立てのおいしさを都会に届ける。
 店名は「ミルクス~フレッシュチーズアンドワイン」。東海エリア中心に店舗展開する飲食サービス業の(株)フードリンクと共同で経営する。酪農家と飲食店が連携した6次産業化の新しいモデルケースで、飲食業界から注目を集める。

 フードリンクは、7月ごろからフレッシュチーズをコンセプトに新しい飲食店を展開しようと計画。生乳の調達先を探す中で「酪」を知った。牧場や工房を視察し、協議を重ねて店のオープンにこぎつけた。

 同店はフレッシュチーズをメーンに、厳選した25種類のワイン、前菜やサラダ、スキレット(鋳鉄製のミニフライパン)料理などを提供する。ランチプレートやチーズスイーツも楽しめる。

 「酪」の小笠原正秀代表は「愛知県の酪農家として、名古屋の街中でフレッシュチーズを提供したいと思ってきた。新鮮なおいしさを楽しんでほしい」とPRする。

“牧場直送”フレッシュチーズ 名古屋の街に提供店 酪農家と外食連携

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 広島駅南口再開発ビル「EKICITY HIROSHIMA」、新たなランドマークの誕生

    広島駅南口再開発ビル「EKICITY HIROSHIMA」、新たなランドマークの誕生

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

  5. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  6. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  7. 新潟の三セク鉄道2社がラッピング列車でコラボ、補助金を活用

  8. JR田町駅東口のTGMM芝浦プロジェクト、8月着工

  9. 【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術

  10. ■ニュース深堀り!■中国人向け電子マネーの囲い込み力!

アクセスランキングをもっと見る

page top