仕事と家庭の両立支援、愛知県がイクボス養成講座開講 画像 仕事と家庭の両立支援、愛知県がイクボス養成講座開講

マネジメント

 愛知県は11月4日、「イクメン・イクボス応援キャンペーン」のポスターを作成。官民を挙げてイクメン・イクボスの普及に取り組んでおり、このたび「イクボスセミナー(イクボス養成講座)」の開催を発表した。

 イクメン・イクボスは育児などを積極的に行う男性のこと。このうちイクボスは会社の上司や経営者を指す。いずれも仕事と家庭(出産・育児・子育て・介護・看護など)の両立を図る、ワークライフバランスに結びつく取り組みとして注目される。

 今回のセミナーは、”社内でワークライフバランスを推進するならば、まずは上司が手本を見せる”という意味合いが含まれる。基調講演は「イクボスが求められる時代へ~働き方改革はイクボスから~」をテーマとし、講師はよつば労務管理事務所所長で特定社会保険労務士の永谷律子氏。人口減少や介護離職が企業へ及ぼす影響と、関連の法令や制度の動向を解説し、イクボスが求められている背景を明らかにする。

 続いて、梶川土木コンサルタント代表取締役の梶川洋氏が講師となり事例を紹介。経営戦略上でのイクボスの必要性を解説する。

 開催日時は2016年1月26日の13時30分~15時30分。会場は愛知県西三河総合庁舎(西三河県民事務所)7階701会議室。参加料は無料。定員は30名で先着順とし、申込締め切りは1月19日。定員になり次第締め切る。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

    【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

  2. 常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

    常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

  3. 広島県と愛媛県今治市で「獣医師不足てこ入れ」…政府が戦略特区第3次指定

    広島県と愛媛県今治市で「獣医師不足てこ入れ」…政府が戦略特区第3次指定

  4. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  5. 清水建設社長に井上和幸氏昇格、4月1日就任、本業さらに強化

  6. 東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

  7. 手間とコストを削減! 個人事業主向け振込代行サービスが登場

  8. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  9. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  10. 運送企業を対象に「衝突防止補助システム」を無料モニター提供

アクセスランキングをもっと見る

page top