仕事と家庭の両立支援、愛知県がイクボス養成講座開講 画像 仕事と家庭の両立支援、愛知県がイクボス養成講座開講

マネジメント

 愛知県は11月4日、「イクメン・イクボス応援キャンペーン」のポスターを作成。官民を挙げてイクメン・イクボスの普及に取り組んでおり、このたび「イクボスセミナー(イクボス養成講座)」の開催を発表した。

 イクメン・イクボスは育児などを積極的に行う男性のこと。このうちイクボスは会社の上司や経営者を指す。いずれも仕事と家庭(出産・育児・子育て・介護・看護など)の両立を図る、ワークライフバランスに結びつく取り組みとして注目される。

 今回のセミナーは、”社内でワークライフバランスを推進するならば、まずは上司が手本を見せる”という意味合いが含まれる。基調講演は「イクボスが求められる時代へ~働き方改革はイクボスから~」をテーマとし、講師はよつば労務管理事務所所長で特定社会保険労務士の永谷律子氏。人口減少や介護離職が企業へ及ぼす影響と、関連の法令や制度の動向を解説し、イクボスが求められている背景を明らかにする。

 続いて、梶川土木コンサルタント代表取締役の梶川洋氏が講師となり事例を紹介。経営戦略上でのイクボスの必要性を解説する。

 開催日時は2016年1月26日の13時30分~15時30分。会場は愛知県西三河総合庁舎(西三河県民事務所)7階701会議室。参加料は無料。定員は30名で先着順とし、申込締め切りは1月19日。定員になり次第締め切る。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

    地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  3. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

    運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  4. 日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

  5. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  6. 主要ゼネコン15年4~12月期決算、民間受注好調、大半が通期の7割超達成

  7. 三機工業が「ジョブローテーション」を本格始動、女性技術者が営業職を経験

  8. 女性の目線で業界の魅力アピール、宮城建設女性の会・武山会長

  9. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  10. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

アクセスランキングをもっと見る

page top