アウディ、BMW、ダイムラーの3社連合、走行ビッグデータ活用へ 画像 アウディ、BMW、ダイムラーの3社連合、走行ビッグデータ活用へ

海外進出

 アウディ、BMW、ダイムラーのドイツ高級車3社による企業連合がノキアのデジタル地図子会社、独ヒア(HERE、ベルリン)の買収を12月4日に完了させた。これを受けてヒアは7日に声明を公表。親会社となる3社の自動車の走行データを匿名のビッグデータとして活用し、自動運転車などに役立つリアルタイムの高精度デジタルマップの作成に取り組んでいくことを明らかにした。

 ヒアは現在、道路を走行しながら地図データを取り込む3Dマッピング車や、走行中の自動車から得られるダイナミックデータを含め8万以上の情報源を地図作成に利用している。声明によれば、ヒアは新しい親会社3社に加え、今後数カ月にわたって、他の自動車およびそれ以外の企業とも協力に向けた話し合いに入るという。顧客にとってオープンな位置情報プラットフォームを作り上げることで、車の運転をより安全で、楽しいものにし、排出ガスの削減にもつなげていくとしている。

 独自動車連合3社とノキアは今年8月にヒアの買収で合意。当初はその完了時期を2016年第1四半期としていたのに対し、予定を前倒しして達成した。最終的な買収額は28億ユーロ(約3700億円)。

 ヒアの買収をめぐっては、配車サービスの米ウーバーや中国のバイドゥ、テンセントなども名乗りを上げていたが、交渉の過程で脱落。中でも自動運転車の開発も進めるウーバーは、6月にマイクロソフト・ビング(Bing)の地図資産をマイクロソフトから買収したほか、11月にはカーナビやデジタル地図を手がけるオランダのトムトム(TomTom)と提携するなど、デジタル地図の強化に動いている。

デジタル地図のヒア、BMWなど新親会社の自動車走行データからリアルタイム地図作成

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

    三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

  2. 幸せの国・ブータンの経産相、電気自動車の普及へ前向き

    幸せの国・ブータンの経産相、電気自動車の普及へ前向き

  3. 飲食店の訪日外国人受け入れ対策の実態とは

    飲食店の訪日外国人受け入れ対策の実態とは

  4. 五洋・りんかい日産建設JV、東洋建設がベトナム・港浚渫工事受注

  5. ~Sakeの海外戦略:7~ワインのインフラを通じて世界へ

  6. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  7. 国交省、建設・不動産業のTPP対応、3カ国の政府調達段階拡大

  8. 三井石油開発、ミャンマーで陸上鉱区の権益を取得

  9. 国内トラックメーカーがアフリカ市場に本腰――小排気量・環境性能で差別化

  10. ドイツ、モノづくり文化の危機…VWショックでギリシャ問題再燃も

アクセスランキングをもっと見る

page top