人間ドックも爆買い!? 中国人向けインバウンドが多様化へ 画像 人間ドックも爆買い!? 中国人向けインバウンドが多様化へ

インバウンド・地域活性

 マーソ、マイスジャパン、上海携程国際旅行社有限公司、CTRIP JAPANの4社は8日、中国人向けに日本での人間ドックの販売を11月26日から開始した。

 今回発表したのは、中国人を対象とした日本へのメディカルツーリズム。人間ドックと健診の予約サイト「マーソ」を運営するマーソによると、訪日中国人旅行者から日本での医療サービスに関する問い合わせが急増しているとのこと。その背景には今年の1~10月で428万3700人と、前年同期の約201万1700人から、日本を訪れた中国人旅行者が2倍以上に増加していることが考えられる(統計データはともに日本政府観光局より)。

 マイスジャパンはメディカルツーリズムを中心にインバウンド事業を展開し、上海携程国際旅行社有限公司は中国で、CTRIP JAPANは日本でオンライン旅行予約サービス「CTRIP」を提供している。これらの4社が互いの事業領域を連携させ、人間ドックの販売に踏み切った。

 前述の訪日中国人旅行者数の統計では、今年の1~10月に日本を訪れた外国人のうち4人に1人が中国人となっている(訪日外国人旅行者数は1631万6900人)。“爆買い”に象徴されるように来日時の消費が旺盛なだけに、訪日中国人旅行者による経済効果は軽視できない。訪日中国人旅行者の“爆買い”がメディカルツーリズムにも及ぶのか――これをきっかけに、あらゆる商品・サービスに“爆買い”の可能性を見出したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  5. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  7. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  8. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

アクセスランキングをもっと見る

page top