シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉 画像 シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉

マネジメント

 シャープは地域経済に影響のある企業の再生を支援する官民ファンド、地域経済活性化支援機構(REVIC)と、福山第4工場(広島県福山市)の半導体生産ラインの一部を売却する交渉を始めた。2015年度内にも赤字の液晶駆動用ICなどを社外に切り離し、経営体質改善を進める。REVICは30億円程度を出資し、半導体受託製造企業(ファウンドリー)として独立させ、現工場内で雇用を維持しながら3年後に黒字化する計画を検討している。

シャープ、半導体設備売却へ。地域活性化機構と交渉

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

    2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  2. 厚労省、HACCP導入促進 HPで業者名公開へ

    厚労省、HACCP導入促進 HPで業者名公開へ

  3. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

    おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  4. わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは?

  5. JTB社長に聞く2016年の観光振興

  6. 岐阜 熊谷産業が平ボディー車両にワイドシングルタイヤ導入

  7. ピーエス三菱、知名度向上へ現場見学会などで「橋カード」配布

  8. 小売店が書籍売り場を誘客ツールとして活用

  9. 国交省と総務省、「歩切り団体」に早期根絶を促す

  10. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

アクセスランキングをもっと見る

page top