シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉 画像 シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉

マネジメント

 シャープは地域経済に影響のある企業の再生を支援する官民ファンド、地域経済活性化支援機構(REVIC)と、福山第4工場(広島県福山市)の半導体生産ラインの一部を売却する交渉を始めた。2015年度内にも赤字の液晶駆動用ICなどを社外に切り離し、経営体質改善を進める。REVICは30億円程度を出資し、半導体受託製造企業(ファウンドリー)として独立させ、現工場内で雇用を維持しながら3年後に黒字化する計画を検討している。

シャープ、半導体設備売却へ。地域活性化機構と交渉

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省

    乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省

  2. 青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任

    青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任

  3. 玩具関連企業2014年実態調査……製造・卸は増収、小売は減収

    玩具関連企業2014年実態調査……製造・卸は増収、小売は減収

  4. 業種別にテンプレートを最適化した「ECサイト構築サービス」

  5. 飲食店の店舗移転、売却などの支援強化! 居抜き情報.COMが原状回復や厨房機器売却のサポートを開始

  6. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  7. 公共工事の技術者専任要件引き上げ、請負代金額3500万円以上に

アクセスランキングをもっと見る

page top