シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉 画像 シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉

マネジメント

 シャープは地域経済に影響のある企業の再生を支援する官民ファンド、地域経済活性化支援機構(REVIC)と、福山第4工場(広島県福山市)の半導体生産ラインの一部を売却する交渉を始めた。2015年度内にも赤字の液晶駆動用ICなどを社外に切り離し、経営体質改善を進める。REVICは30億円程度を出資し、半導体受託製造企業(ファウンドリー)として独立させ、現工場内で雇用を維持しながら3年後に黒字化する計画を検討している。

シャープ、半導体設備売却へ。地域活性化機構と交渉

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

    リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  2. IHI・満岡次郎新社長が会見「新3カ年計画を着実に実行していく」

    IHI・満岡次郎新社長が会見「新3カ年計画を着実に実行していく」

  3. 外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

    外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

  4. 国交省、外環道「東名以南」の整備具体化へ協議会設置

  5. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  6. 建設の雇用改善計画論点案、週休2日確保に向け多能工化推進

  7. パートタイムの平均時給、製造業、飲食などが前年同月比で連続上昇

  8. 国交省、「外国人建設就労者受け入れ事業」で実態調査へ

  9. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  10. 九州整備局と福岡県、女性技術者登用現場で見学会開催

アクセスランキングをもっと見る

page top