シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉 画像 シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉

マネジメント

 シャープは地域経済に影響のある企業の再生を支援する官民ファンド、地域経済活性化支援機構(REVIC)と、福山第4工場(広島県福山市)の半導体生産ラインの一部を売却する交渉を始めた。2015年度内にも赤字の液晶駆動用ICなどを社外に切り離し、経営体質改善を進める。REVICは30億円程度を出資し、半導体受託製造企業(ファウンドリー)として独立させ、現工場内で雇用を維持しながら3年後に黒字化する計画を検討している。

シャープ、半導体設備売却へ。地域活性化機構と交渉

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

    【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  2. ASEAN大手外食企業との商談会……ジェトロが日本で開催、参加企業募集

    ASEAN大手外食企業との商談会……ジェトロが日本で開催、参加企業募集

  3. TPPをチャンスに! 「中小企業輸出支援ハンドブック」発行

    TPPをチャンスに! 「中小企業輸出支援ハンドブック」発行

  4. 国内向け製造業人材、アジアで育成…中小の人材確保にも期待

  5. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

  6. 帰宅困難時の企業対策、ほぼ進展なし…東商アンケート

  7. 三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

  8. 丸紅、ミャンマーの現地企業と建機レンタル会社設立へ

  9. 家電量販店、量から質へ戦略転換? “格安”ネットと差別化

  10. 貨物車両のタイヤ整備不良は4割以上――「タイヤの日」点検

アクセスランキングをもっと見る

page top