シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉 画像 シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉

マネジメント

 シャープは地域経済に影響のある企業の再生を支援する官民ファンド、地域経済活性化支援機構(REVIC)と、福山第4工場(広島県福山市)の半導体生産ラインの一部を売却する交渉を始めた。2015年度内にも赤字の液晶駆動用ICなどを社外に切り離し、経営体質改善を進める。REVICは30億円程度を出資し、半導体受託製造企業(ファウンドリー)として独立させ、現工場内で雇用を維持しながら3年後に黒字化する計画を検討している。

シャープ、半導体設備売却へ。地域活性化機構と交渉

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

    運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  2. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

    スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

  3. 本日から中小企業への資金繰り支援を強化! 中企庁

    本日から中小企業への資金繰り支援を強化! 中企庁

  4. 中小企業のクラウド・フリーソフト活用講座(1)

  5. 千葉県成田市と香取市、民間事業者と電力会社を6月に設立

  6. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  7. 常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

  8. 16年度建築保全業務労務単価決定、12分類の全国平均1.05%上昇

  9. 国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

  10. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top