シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉 画像 シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉

マネジメント

 シャープは地域経済に影響のある企業の再生を支援する官民ファンド、地域経済活性化支援機構(REVIC)と、福山第4工場(広島県福山市)の半導体生産ラインの一部を売却する交渉を始めた。2015年度内にも赤字の液晶駆動用ICなどを社外に切り離し、経営体質改善を進める。REVICは30億円程度を出資し、半導体受託製造企業(ファウンドリー)として独立させ、現工場内で雇用を維持しながら3年後に黒字化する計画を検討している。

シャープ、半導体設備売却へ。地域活性化機構と交渉

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 独身者の帰省費用負担、ゼネコンで新たな焦点に

    独身者の帰省費用負担、ゼネコンで新たな焦点に

  2. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

    人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  3. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

    飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

  4. 【倒産情報】レディスアパレル「2%TOKYO」が自己破産

  5. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

  6. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

  7. 奥村組と日本海水、鉄バクテリア汚泥を活用した重金属不溶化材を開発

  8. 公共建築積算で被災地のクレーン費高く、国交省調査で判明

  9. 「インスタグラム」のPR効果に注目、JA全農などキャンペーン展開

  10. 日銀短観で人手不足が深刻、中小企業は新卒採用難で下方修正も

アクセスランキングをもっと見る

page top