シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉 画像 シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉

マネジメント

 シャープは地域経済に影響のある企業の再生を支援する官民ファンド、地域経済活性化支援機構(REVIC)と、福山第4工場(広島県福山市)の半導体生産ラインの一部を売却する交渉を始めた。2015年度内にも赤字の液晶駆動用ICなどを社外に切り離し、経営体質改善を進める。REVICは30億円程度を出資し、半導体受託製造企業(ファウンドリー)として独立させ、現工場内で雇用を維持しながら3年後に黒字化する計画を検討している。

シャープ、半導体設備売却へ。地域活性化機構と交渉

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 九州整備局と福岡県、女性技術者登用現場で見学会開催

    九州整備局と福岡県、女性技術者登用現場で見学会開催

  2. 日建設計、専門研修と人事評価の制度を見直し

    日建設計、専門研修と人事評価の制度を見直し

  3. 「北陸地域の経済は、緩やかに改善」……電力・ガス事業北陸支局が経済動向概要を発表

    「北陸地域の経済は、緩やかに改善」……電力・ガス事業北陸支局が経済動向概要を発表

  4. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  5. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  6. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  7. 五輪会場の幕張メッセ、イベント業者・中小企業に打撃

  8. 竹中工務店、実働中の自社ビルをゼロエネルギービルに改修

  9. 東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

  10. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

アクセスランキングをもっと見る

page top