国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に 画像 国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

制度・ビジネスチャンス

 国土交通省は、建築基準法から2000年にいったん削除された「旧38条大臣認定」を取得して建てられた建築物の増改築規制を緩和する。38条認定を受けた建物は、革新的な技術や材料が採用されているため、増改築時の建築確認では性能規定化された現行法令に適合しにくく、工事費のかさむ全面改築が必要になるケースが多い。国交省は、ストックの老朽化が進行しているのを踏まえ、旧38条認定の有効性も認めるよう政令を見直し、部分的な増改築を行いやすくする。
 4日公示した政令改正案への一般からの意見を来年1月2日まで募集した上で正式決定。同6月に施行する。
 旧38条認定は、法令では対応できない革新的な技術や材料の採用を、個別のプロジェクトごとの大臣認定によって特例的に認める仕組み。斬新なデザインが特色の東京都庁舎や東京ビッグサイトなど1990年代までに建設された多くの有名建築物に活用されている。
 今回の規制緩和は、日本経団連が13年度に政府に提出した規制改革要望に基づいて行う。政令改正案では、耐火・避難・排煙・消防類の構造・設備について旧38条認定の有効性を認め、全面的に改築せざるを得ないような基幹構造・設備の大掛かりな改修を不要にする。部分的な増・改築を行いやすくすることで、老朽ストックの早急な安全対策や機能の強化を促す。
 今年6月に施行された改正建基法では38条認定が15年ぶりに復活した。

国交省/旧38条認定建物の増改築規制緩和/大掛かりな工事不要に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

    宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  2. 群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

    群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

  3. 国交省が総価契約単価合意で新方式。追加分だけ新落札率で、4月公告分から適用

    国交省が総価契約単価合意で新方式。追加分だけ新落札率で、4月公告分から適用

  4. 東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

  5. 【解決! 社長の悩み相談センター】第23回:創業資金調達、銀行か親戚・友人か?

  6. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  7. 主要ゼネコン26社4~6月期決算/受注高は15社増加、手持ち工事消化を優先

  8. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  9. 東日本高速会社が多様な入札契約方式を積極導入

  10. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

アクセスランキングをもっと見る

page top