キッチンマットに「い草」、開発ヒントは“不満”!? 画像 キッチンマットに「い草」、開発ヒントは“不満”!?

インバウンド・地域活性

 寝装やインテリアを手掛けるイケヒコ・コーポレーションは7日、「不満買取センター」を活用した新商品「い草キッチンマット」を発表した。

 「不満買取センター」はネット上の不満を買い取るサービス。膨大な不満をビッグデータとして分析し、商品やサービスに対する不満改善のほか、新商品やサービスの開発に役立てられる。

 同商品の開発にあたり、イケヒコ・コーポレーションは「不満買取センター」を利用して、“キッチンマットに関する不満”を収集。”洗濯する前に髪の毛や小さなゴミを取る手間がかかる”、”使用期間の経過とともに滑り止め効果が薄れ、裏面が傷んでゴミが出てくる”、”掃除機をかけるとマットを吸い上げてしまいゴミがとれない”の3つに、ユーザーが不満を抱えていることが分かった。

 そこで、「い草キッチンマット」はマットの表面素材にい草を採用。汚れやゴミがつきにくく、髪の毛や小さなゴミが付いてもとり除きやすく、掃除機がかけやすい製品となった。一方、裏面は粘着式のゴミ・ホコリとり機をコロコロするだけで、滑り止め効果が長持ちさせられる。

 客からの不満という、通常は頭を悩ませてしまうものに、実はビジネスチャンスがある。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  9. 富裕層インバウンドの法則その2

  10. 【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費”

アクセスランキングをもっと見る

page top