キッチンマットに「い草」、開発ヒントは“不満”!? 画像 キッチンマットに「い草」、開発ヒントは“不満”!?

インバウンド・地域活性

 寝装やインテリアを手掛けるイケヒコ・コーポレーションは7日、「不満買取センター」を活用した新商品「い草キッチンマット」を発表した。

 「不満買取センター」はネット上の不満を買い取るサービス。膨大な不満をビッグデータとして分析し、商品やサービスに対する不満改善のほか、新商品やサービスの開発に役立てられる。

 同商品の開発にあたり、イケヒコ・コーポレーションは「不満買取センター」を利用して、“キッチンマットに関する不満”を収集。”洗濯する前に髪の毛や小さなゴミを取る手間がかかる”、”使用期間の経過とともに滑り止め効果が薄れ、裏面が傷んでゴミが出てくる”、”掃除機をかけるとマットを吸い上げてしまいゴミがとれない”の3つに、ユーザーが不満を抱えていることが分かった。

 そこで、「い草キッチンマット」はマットの表面素材にい草を採用。汚れやゴミがつきにくく、髪の毛や小さなゴミが付いてもとり除きやすく、掃除機がかけやすい製品となった。一方、裏面は粘着式のゴミ・ホコリとり機をコロコロするだけで、滑り止め効果が長持ちさせられる。

 客からの不満という、通常は頭を悩ませてしまうものに、実はビジネスチャンスがある。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  5. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  8. 徳島県藍住町の文化ホール再生、福祉や保険も含めた複合施設に

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. JR田町駅東口のTGMM芝浦プロジェクト、8月着工

アクセスランキングをもっと見る

page top