16年度補正予算案、農業は「攻め」転換に向け増額

インバウンド・地域活性

 自民党は3日、農林水産戦略調査会と農林部会の会議を開き、2015年度補正、16年度当初の農林関係予算案の編成に向けた議論を始めた。TPP交渉の大筋合意を受け、補正予算案は「攻め」の農業に転換するための対策が柱。当初予算案は前年度より「右肩上がり」(西川公也同調査会長)の増額を目指す。補正予算案は18日ごろ、当初予算案は24日ごろに閣議決定される見通し。
 15年度補正予算案には、政府が決めたTPP関連政策大綱を踏まえ、国内農業の体質強化策を中心に盛り込む。畜産クラスター事業や同事業の耕種・園芸版である「産地パワーアップ事業」、農業農村基盤整備(土地改良)事業などを柱にするとみられる。畜産クラスター事業や産地パワーアップ事業は、複数年度にわたって使える基金方式とし、弾力的に運用できるようにする方針だ。

 一方、16年度当初予算案では、15年度の2兆3090億円を上回る額の確保を目指す。農水省は8月に総額2兆6497億円の概算要求を決定しているが、財政当局の査定は厳しい。だが当初予算案も、TPP交渉の大筋合意を踏まえ、「対策の財源確保を含め、農家の生産意欲を維持するために減額は許されない」(党農林幹部)状況だ。

 当初予算案は概算要求に沿い、関連予算も含めて前年度比1000億円増を要求する農業農村整備事業、飼料用米の増産に対応する水田活用の直接支払交付金の増額、農地中間管理機構(農地集積バンク)による農地集積・集約のための予算などを柱とする方針だ。農業農村基盤整備事業をめぐっては、同党内で、補正・当初予算案を合わせて1000億円超を目指す案も浮上している。

 3日の合同会議では、こうした方針を盛り込んだ農林関係予算編成大綱案を大筋で了承。西川会長は「(当初予算案が)2兆3000億円を下回れば、何をやっていたんだとなる。何が何でも右肩上がりだ」と増額への意気込みを語った。出席議員からも「例年の予算編成とは違う」(野村哲郎氏)、「反転攻勢するような予算を」(坂本哲志氏)といった意見が上がった。

「攻め」転換へ増額 農林予算で自民 議論開始

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

    レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  4. トヨタの考える次世代タクシー “日本らしい”タクシーとは?

  5. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top