インドネシア日本語辞書アプリ無料版、日本ほか世界へ配信開始 画像 インドネシア日本語辞書アプリ無料版、日本ほか世界へ配信開始

海外進出

インドネシアでのダウンロード数 50万件突破
バリ島・デンパサールに本社を置くWEB及びアプリ開発会社のアプキーは11月30日、Androidアプリ「インドネシア日本語辞書 無料版」を日本を含めて世界に向けて配信を開始したと発表した。

同アプリは、これまでインドネシアで無料版を配布してきたが、ダウンロード数が50万件に達したことから、同社は日本を含めて世界中に無料配信することを決定した。

収録語数は10万語を超える
同アプリは、日本語約4万語、インドネシア語約6万3000語の合計約10万3000語で構成される。検索は、インドネシア語、ひらがな、カタカナ、漢字、ローマ字でできるほか、インドネシア語の読みはカタカナで表記される。

基本辞書機能はネット接続なしのオフラインで使用できるほか、メールやフェイスブック、SNSと機能を連携する。さらに、インドネシア語の長文も自動翻訳できるネット翻訳機能を搭載している。

また、同社は今後、インドネシアの日本語教室や人材マッチングビジネス等、同国において日本語を使用する企業と提携していきたいとしている。

なお、同アプリの詳細については、下記外部リンク、Google Playを参照のこと。

(画像はプレスリリースより)

インドネシア日本語辞書アプリ無料版 日本で配信開始

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  3. スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表

    スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表

  4. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. バンドー化学、ベトナムに新工場

  6. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  7. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  8. 【Sakeの海外戦略:6】アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  9. ラオスの空港ターミナル拡張が起工、円借款で施工は安藤ハザマ

  10. 半導体大手・アドバンテスト、マレーシア半導体製造企業と提携

アクセスランキングをもっと見る

page top