観光にもアンドロイド…マツコロイドが冬の札幌PR大使に 画像 観光にもアンドロイド…マツコロイドが冬の札幌PR大使に

インバウンド・地域活性

 店頭などでロボットが活躍するケースが増えてきている中、今度はアンドロイドのPR大使が生まれた。マツコ・デラックスを再現したアンドロイド「マツコロイド」が札幌市のプロモーション企画「さっぽろ冬の観光キャンペーン『冬こそ!ようこそ!札幌』」のPR大使に任命されたのだ。

 これは札幌市国内観光プロモーション実行委員会が主催し、冬の札幌の魅力を動画などで紹介していくもの。マツコ・デラックスが札幌をこよなく愛し、たびたび訪れていたことが縁となって、今回のPR大使就任が決まった。

 マツコロイドの開発にはアンドロイド研究の第一人者・大阪大学の石黒浩教授が関わっており、マツコ本人の表情や仕草などを再現している。これまで、テレビ番組のなかで漫才や怪談などに挑戦してきた。

 今回のキャンペーンでは、マツコロイドが2泊3日の札幌旅行へ行き、札幌市時計台やさっぽろホワイトイルミネーションなどの観光スポットをめぐり、観光客らと交流するムービーを撮影。その動画を12月下旬から公開していく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  4. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  5. 高速バスが先手!京急と東急による「羽田空港―大崎駅線」開始

  6. 訪日外国人専用!「まるっと福岡」西鉄電車・バスで乗り放題チケット!

  7. ノーベル賞の晩さん会で注目! 高級食材としてのウズラ肉に注目!

  8. 幻のホームの活用法!? 東京メトロ、銀座線コンペ第4弾を公募

  9. 東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設

  10. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

アクセスランキングをもっと見る

page top