【回転窓】神業を受け継ぐ 画像 【回転窓】神業を受け継ぐ

インバウンド・地域活性

 なじみのそば屋が、天ぷらの揚げ温度を一定に保つ設備を導入したが、客の評判が芳しくないとこぼしていた。ベテラン職人が辞めたために仕方なく機械を入れたそうだが、食感や味の微妙な変化を指摘する常連客が後を絶たないという▼大勢の客が押し掛ける時間帯が特に問題。ころもを付けた大量の天ぷらのたねを次々に投入するため、揚げ油の温度が一気に下がってしまう。機械では揚げむらができてしまうらしい▼季節やその日の天候、気温などに応じて油温を管理し、揚げ方を微妙に変えるのがベテラン職人の腕の見せ所である。やはり機械にはまねができないのだろう▼こうしたプロの技を持つ技能者は建設分野にも多い。トンネルや橋の点検、地下の水道管の漏水検査などだ。目視と打音でコンクリートの変状を見極め、見えない水の流れを聴診器で判別する技術は神業に近い▼担い手不足が深刻化する中、人に頼らない点検・検査技術の開発も進むが、機械偏重に陥ることには危険もあろう。山梨県の中央道笹子トンネル天井板落下事故から3年。神業を受け継ぐ人の育成にも、もっと力を入れたい。

回転窓/神業を受け継ぐ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  7. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top