東北酒造5社が協同で「東北魂ビール」醸造…新たに一般向けも

インバウンド・地域活性

過去の参加ブルワー
  • 過去の参加ブルワー
  • 過去開催時のディスカッション
  • 過去の醸造風景
  • 過去の醸造風景
  • いわて蔵ビールの工場
  • いわて蔵ビールの工場
 クラフトビール「いわて蔵ビール」を展開する「世嬉の一酒造」(岩手県)が、東北の酒造メーカーと共同で「東北魂ビールプロジェクト」をスタートさせた。5回目となる今回は、新たに一般向けボトルビールも販売する。

 東北魂ビールプロジェクトは、2013年に世嬉の一酒造と福島路ビール(福島県)、あくらビール(秋田県)の3社で始まった企画。各社の技術やノウハウを活かし、世界に通用するビールを醸造し、地域と産業の発展をめざす。アメリカンスタイルを東北アレンジしたアップルジンジャーIPAを皮切りに、毎回世界のビールをアレンジした新ビールを提案している。

 今回のビールは新たに仙南シンケンファクトリー(宮城県)と遠野 ズモナビール(岩手県)が参加しており、12月9日に発表される予定。6~8%の高アルコールでスッキリしたテイストのラガービールになるという。また、これまでは飲食店向けの樽での販売のみだったが、今回からは一般向けボトルビールも展開する。

 ボトリングと出荷は2016年2月上旬を予定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

    九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  4. ■ニュース深掘り!■訪日客、次のゴールデンルートを探せ!

  5. 肌に良し、食べて良し、飼って良し。酉年に現れたこの鳥の名は?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  8. キウイ新品種「甘うぃ」が販売開始。黄色・高糖度で大玉!

  9. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  10. 訪日外国人が手ぶらで観光、ヤマト運輸の15店舗が荷物預かりサービスなどに対応

アクセスランキングをもっと見る

page top