東北酒造5社が協同で「東北魂ビール」醸造…新たに一般向けも

インバウンド・地域活性

過去の参加ブルワー
  • 過去の参加ブルワー
  • 過去開催時のディスカッション
  • 過去の醸造風景
  • 過去の醸造風景
  • いわて蔵ビールの工場
  • いわて蔵ビールの工場
 クラフトビール「いわて蔵ビール」を展開する「世嬉の一酒造」(岩手県)が、東北の酒造メーカーと共同で「東北魂ビールプロジェクト」をスタートさせた。5回目となる今回は、新たに一般向けボトルビールも販売する。

 東北魂ビールプロジェクトは、2013年に世嬉の一酒造と福島路ビール(福島県)、あくらビール(秋田県)の3社で始まった企画。各社の技術やノウハウを活かし、世界に通用するビールを醸造し、地域と産業の発展をめざす。アメリカンスタイルを東北アレンジしたアップルジンジャーIPAを皮切りに、毎回世界のビールをアレンジした新ビールを提案している。

 今回のビールは新たに仙南シンケンファクトリー(宮城県)と遠野 ズモナビール(岩手県)が参加しており、12月9日に発表される予定。6~8%の高アルコールでスッキリしたテイストのラガービールになるという。また、これまでは飲食店向けの樽での販売のみだったが、今回からは一般向けボトルビールも展開する。

 ボトリングと出荷は2016年2月上旬を予定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  3. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 富裕層インバウンドの法則その1

  5. 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

  6. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  7. 「ものづくり人材」「観光人材」育成研修受講者募集!京都府

  8. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  9. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top