東北酒造5社が協同で「東北魂ビール」醸造…新たに一般向けも

インバウンド・地域活性

過去の参加ブルワー
  • 過去の参加ブルワー
  • 過去開催時のディスカッション
  • 過去の醸造風景
  • 過去の醸造風景
  • いわて蔵ビールの工場
  • いわて蔵ビールの工場
 クラフトビール「いわて蔵ビール」を展開する「世嬉の一酒造」(岩手県)が、東北の酒造メーカーと共同で「東北魂ビールプロジェクト」をスタートさせた。5回目となる今回は、新たに一般向けボトルビールも販売する。

 東北魂ビールプロジェクトは、2013年に世嬉の一酒造と福島路ビール(福島県)、あくらビール(秋田県)の3社で始まった企画。各社の技術やノウハウを活かし、世界に通用するビールを醸造し、地域と産業の発展をめざす。アメリカンスタイルを東北アレンジしたアップルジンジャーIPAを皮切りに、毎回世界のビールをアレンジした新ビールを提案している。

 今回のビールは新たに仙南シンケンファクトリー(宮城県)と遠野 ズモナビール(岩手県)が参加しており、12月9日に発表される予定。6~8%の高アルコールでスッキリしたテイストのラガービールになるという。また、これまでは飲食店向けの樽での販売のみだったが、今回からは一般向けボトルビールも展開する。

 ボトリングと出荷は2016年2月上旬を予定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  10. 自民党幹事長・二階俊博氏に聞く。糸魚川大火の対応は迅速だったのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top