東北酒造5社が協同で「東北魂ビール」醸造…新たに一般向けも

インバウンド・地域活性

過去の参加ブルワー
  • 過去の参加ブルワー
  • 過去開催時のディスカッション
  • 過去の醸造風景
  • 過去の醸造風景
  • いわて蔵ビールの工場
  • いわて蔵ビールの工場
 クラフトビール「いわて蔵ビール」を展開する「世嬉の一酒造」(岩手県)が、東北の酒造メーカーと共同で「東北魂ビールプロジェクト」をスタートさせた。5回目となる今回は、新たに一般向けボトルビールも販売する。

 東北魂ビールプロジェクトは、2013年に世嬉の一酒造と福島路ビール(福島県)、あくらビール(秋田県)の3社で始まった企画。各社の技術やノウハウを活かし、世界に通用するビールを醸造し、地域と産業の発展をめざす。アメリカンスタイルを東北アレンジしたアップルジンジャーIPAを皮切りに、毎回世界のビールをアレンジした新ビールを提案している。

 今回のビールは新たに仙南シンケンファクトリー(宮城県)と遠野 ズモナビール(岩手県)が参加しており、12月9日に発表される予定。6~8%の高アルコールでスッキリしたテイストのラガービールになるという。また、これまでは飲食店向けの樽での販売のみだったが、今回からは一般向けボトルビールも展開する。

 ボトリングと出荷は2016年2月上旬を予定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  2. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

    東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  4. 埼玉県蓮田駅西口再開発、採算性から27階建てを14階建てに

  5. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  6. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  7. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  8. 大林組がビル健康診断システムをクラウド化、診断期間半減

  9. 【新宿つな八(後編)】国を越える“つな八イズム”

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】大手外資を相手にシェア2割をとる群馬の中小企業

アクセスランキングをもっと見る

page top