滋賀発「セグウェイ」ライクな電動一輪車、公道走行に向け試験へ 画像 滋賀発「セグウェイ」ライクな電動一輪車、公道走行に向け試験へ

インバウンド・地域活性

 滋賀県発のジャイロ搭載電動一輪車「ONEWHEEL(ワンホイール) i-1」が、歩道や公道での本格的な走行テストを開始した。移動支援ロボットとしての実用化に向けて研究開発を進める。

 ONEWHEEL i-1は、滋賀県のシムスインターナショナルが開発した電動一輪車。ジャイロを搭載し、セグウェイのように重心移動によって操縦できることが特徴となる。また、ハンドルやアクセル、ブレーキを備えており、従来のバイクのように運転することも可能だ。これにより体重移動のミスによる誤操作、坂道などではジャイロ操作が難しいといった問題を解消できる。

 なお、重心移動による操縦の場合、ブレーキングなど、速度を上げた際の制御が難しいという課題があった。これについてはバッテリー切れ直前時の自動ブレーキシステム機能や速度制御システムにより、安全な速度制御を可能にしている。

 これまでは主にテーマパークや商業施設、工場内などでの運用を前提としてきたONEWHEEL i-1だが、今回、かねてから視野に入れていた公道での運用に向け、新たにテストを開始。速度制御システムに加え、弾性体ブレード技術を活用した緩衝補助輪を実装し、段差などの衝撃を緩和する計画だ。

 また、公道走行テストのほか、携帯アプリとBluetoothを使ってマシンセッティング、モニタリングを行うシステムも実用テストを開始。モーターパワーのモード設定や、速度や電圧、走行距離などをアプリで管理できるようになる。

 2016年春から夏頃に既存のテストモニター向けに車両を展開し、実用テストを行っていく予定。ワンホイール運営事務局は、2016年から2018年頃に都心のオフィス街などで普及というビジョンを掲げている。なお現在、法人や個人の2015年テストモニターの2次募集も行っている。

 ONEWHEEL i-1の走行速度は最高で時速約25km、最大航続距離は1充電で15~30km程度。希望小売価格は34万8000円を予定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  3. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

    武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  4. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  7. 兵庫県明石市/西明石駅前旧国鉄清算事業団用地開発、マンションや公共施設

  8. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  9. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  10. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

アクセスランキングをもっと見る

page top