公共工事の労務単価、法定福利費加算を継続で社保加入徹底促進 画像 公共工事の労務単価、法定福利費加算を継続で社保加入徹底促進

マネジメント

 国土交通省は、公共工事設計労務単価の次期改定で、技能労働者の社会保険への加入を徹底させる観点から、必要な法定福利費相当額を加算する措置を継続する方針だ。3日の衆院国土交通委員会の審議で石井啓一国交相が表明した。設計労務単価は13年4月以降、3度にわたって引き上げられ、全職種・全国平均で12年度単価に比べて28%上昇している。石井国交相は、これまでの単価上昇分が技能労働者の賃金に反映される「好循環」につなげたいと強調した。
 十数年にわたって下落を続けた設計労務単価(全職種・全国平均)は、11年度に1万3047円、12年度に1万3072円と2年続いた底値が13年度に反転。13年4月適用の単価が15%アップ、東日本大震災の被災3県(岩手、宮城、福島)では21%アップと過去最大幅の引き上げが行われた。平均単価は13年4月の改定で1万5175円、続く14年2月改定で1万6190円、15年2月改定で1万6678円となっている。
 国交省と農林水産省による公共事業労務費調査の結果を踏まえて設定される単価は、労働市場の実勢価格を適切・迅速に反映させることが基本となる。
 これに加え、13年4月の改定分からは、技能労働者の社会保険への加入を徹底させるために、未加入者も加入しているとみなして法定福利費相当額を加算する措置を取り入れている。
 3日の衆院国交委で樋口尚也氏(公明)の質問に対し、石井国交相は現在進行中の労務費調査に基づく次期単価改定でも、この加算措置を継続する意向を示した。
 13年4月の単価改定以降、国交省では、技能労働者への適切な水準の賃金支払いや社会保険加入が徹底されるよう、太田昭宏・前国交相が建設業界トップに異例の直談判を行ったのをはじめ、賃金水準の好循環につなげる取り組みを業界に繰り返し求めてきた。
 厚生労働省の賃金構造統計調査によると、14年の職別工事の年間賃金は前年比で8・9%上昇した。設計労務単価の引き上げが技能者の賃金に浸透した効果が出たためとみられる。
 石井国交相は答弁で、技能労働者の処遇の改善が一段と進むよう、「設計労務単価の引き上げ分が下請企業を含めた技能労働者に確実に行き渡るようにしていきたい」と述べた。

石井啓一国交相/労務単価次期改定、法定福利費加算を継続/社保加入の徹底狙い

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 主食用米の生産量は747万トン……生産調整、初の目標達成 

    主食用米の生産量は747万トン……生産調整、初の目標達成 

  4. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  5. 「危機管理学部開設の狙いは」日本大学法学部・福田充教授インタビュー

  6. 物流デベロッパー・トップの視点(1):欧米・アジアで展開するプロロジス・山田御酒社長

  7. 農業参入企業7割が「農地はリースで十分」…所有は経営リスク

  8. 国交省が「建築物省エネ法」施行を控え政令・告示案まとめる

  9. 国産素材マーク統一、全PBを3年かけ刷新! 日本生協連

  10. 建設下請実態、賃金「引き上げた」上昇、施工体制台帳に改善余地

アクセスランキングをもっと見る

page top