Pepper、兵庫県のJAで米穀課職員に…直売所に“勤務” 画像 Pepper、兵庫県のJAで米穀課職員に…直売所に“勤務”

インバウンド・地域活性

 兵庫県のJAたじまが2日、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」に米穀課職員として辞令を交付した。JAファーマーズマーケット「たじまんま」の店頭で会話をしながら、「コウノトリ育むお米」などのブランド米を紹介する。

 ペッパーはソフトバンクが開発したロボットで、任期は3年間。辞令交付式で「JAたじまの職員として頑張りたい」と誓いの言葉を述べた。JAの尾崎市朗組合長は「人型ロボットを農業分野でも全国に先駆けて活用したい」と集客効果に期待する。

 ペッパーは早速、直売所の米売り場に立ち、「いらっしゃいませ」と声を掛け、注目を集めた。胸部に取り付けたタッチパネルと音声で来店者とやり取りする。接客した人の年齢や性別、感情などのデータも蓄積する。ペッパーのレンタル料は年間80万円。

特産米オイシイヨ 直売所に人型ロボット 兵庫・JAたじま

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  3. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

    相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  4. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  5. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  6. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  7. サンケイビル、ホテル開発を加速/新ブランドで100億円超えを目指す!

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top