名古屋城天守閣の木造復元、市として初のプロポーザル方式に 画像 名古屋城天守閣の木造復元、市として初のプロポーザル方式に

インバウンド・地域活性

 名古屋市は2日、名古屋城天守閣整備事業の公募型プロポーザル(WTO対象)を公告した。市では初の技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)で、天守閣の木造復元に伴う実施方針や工程計画、概算事業費などの技術提案を求める。参加資格は単体か2~5者JV。24日まで参加申請書と参加表明書を受け付ける。技術提案書の提出期間は16年1月6日~2月26日。3月下旬に優先交渉権者を決定する。
 資格要件は、単体とJV代表者は▽建築工事A等級▽00年以降に元請として延べ面積(部分解体修理工事は解体修理部分)が100平方メートル以上の木造建築物(城郭、神社、仏閣、茶室など)の全解体修理工事、部分解体修理工事、新築工事または復元工事の施工実績-など。代表者以外のJV構成員の組み合わせは▽2者JV=AまたはB▽3者JV=A+AまたはB▽4者JV=A+A+AまたはB▽5者JV=A+A+AまたはB+AまたはB。
 事業内容は天守閣木造復元に関する基本・実施設計業務(施工技術検討含む)、工事施工業務(解体工事、石垣工事、施工技術検討含む)、そのほか付帯する設備、外構、植栽などすべてを含む。
 技術提案の内容は、業務実施方針、概算事業費、工程計画、施設計画概要、基本図面、構造計画、木材調達、仮設計画、復元過程の公開方法、現天守閣の記憶を後世に伝える方策など。ヒアリングも実施し最も高得点の者を優先交渉権者に選定する。
 市は4月以降に優先交渉権者と設計業務に関する見積もり合わせを行う。また、事業に関する市民アンケートも実施する。設計費は補正予算で措置し、議会の承認を得て設計業務の契約を結ぶ。設計完了後に工事費に関する見積もり合わせを行い、議会承認を経て契約する。天守閣の完成期限は20年7月31日までとし、内部を含め公開できる周辺環境までの整備を終えて市に引き渡す。石垣などその他の工事は天守閣の完成後9年以内とする。
 募集要項などは市ホームページに掲載。資料の提出、問い合わせ先は市民経済局名古屋総合事務所天守閣担当(052・231・1700)。

名古屋市/名古屋城天守閣整備(中区)プロポ公告/技術提案・交渉方式

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】究極の白醤油を世界へ――「足助仕込 三河しろたまり」日東醸造

  5. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  6. いわき市のスパリゾートハワイアンズ、新規開発の未来化構想はじまる!

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. 富裕層インバウンドの法則その4

アクセスランキングをもっと見る

page top