ターゲットはメコン地域、滋賀県で海外進出ビジネスセミナー 画像 ターゲットはメコン地域、滋賀県で海外進出ビジネスセミナー

インバウンド・地域活性

 滋賀県は12月10日、海外進出のためのビジネスセミナーを開催する。ターゲットはベトナム、タイ、カンボジア、ミャンマー、ラオスなどのメコン地域。

 メコン地域は物流網の整備が進められていることに加え、12月31日にはアセアン経済共同体(AEC)の発足を控えており、企業進出の注目エリアとなっている。今回のセミナーでは、同地域への進出にあたってのリスクと対策などについて解説を行う。

 「メコン流域の現状と今後」と題した講演では、東京海上日動火災 企業営業開発部日系グローバル推進室次長の塩田徹也氏が登壇。その後、滋賀県のベトナム経済ミッション結果報告と個別相談会を実施する。

 会場は大津市の「コラボしが21」。開催時間は14時から16時15分で、個別相談会は16時15分以降を予定している。定員は40名で参加費は無料。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. 富裕層インバウンドの法則その8

  6. 【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:3】下鴨茶寮の粉しょうゆ

  7. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top