【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】蔵元の若手が集まり名古屋の地酒をPR……ナゴヤクラウド

インバウンド・地域活性

ナゴヤクラウドのメンバー
  • ナゴヤクラウドのメンバー
  • ナゴヤクラウド結成式の様子
  • 金虎酒造「金虎」
  • 神の井酒造「神の井」
  • 東龍酒造「東龍」
  • 山盛酒造「鷹の夢」
  • 金虎酒造の水野善文専務
  • 名古屋城売店内のナゴヤクラウドコーナー
 国税庁の統計によると、日本酒の国内消費(課税数量)は1973年度の約176万キロリットルをピークに減少傾向が続いており、2012年度は約58万キロリットルとピーク時の3割程度にまで落ち込んだ。これは日本酒だけでなく、ビールなども含めた“日本人のお酒離れ”が進んだ結果と分析されるが、それでも日本酒の落ち込みはほかの酒に比べて顕著だ。

 こうした中、メーカー各社は消費回復に知恵を絞っている。大手だけなく、地酒の魅力を広く発信しようと小規模な蔵元も躍起だ。名古屋市では、蔵元の若手らが立ち上がり、2014年に「ナゴヤクラウド」という組織を結成。参加するのは金虎酒造(北区、1845年創業)、神の井酒造(緑区、1856年創業)、東春酒造(守山区、1865年創業)、山盛酒造(緑区、1887年創業)の4蔵。いずれも創業から百年以上の歴史を持つ老舗だ。

■飲み比べ企画で、消費者との接点づくり
 結成のいきさつを金虎酒造の専務、水野善文さんはこう語る。

 「知り合いの酒屋からラベルデザインコンテストをやらないかと声がかかったのですが、うちだけでやってもインパクトが弱いので、同業者に声をかけることにしたのです」

 ラベルコンテストは、地酒の瓶に貼るラベルのデザイン案を消費者から募るというもので、消費者との新たな接点づくりが狙い。その誘いに応じたのは、神の井酒造の佐藤徹さん、東龍酒造の金谷弘樹さん、山盛酒造の6代目蔵元、山盛岳志さん。4蔵で早速始めたところ「伝統的なイメージにとらわれない、個性的なデザインのラベル案が多く集まった。これを機会に少しでも日本酒に興味を持っていただけたらうれしい」と水野さんは期待を込める。

 ナゴヤクラウドがPR活動で特に力を入れているのがイベント出展だ。「味わい方や楽しみ方を提案したい」(水野さん)と地元の祭りや百貨店の催事などに出展し、用意した4蔵の地酒を飲み比べてもらう。すっきり甘口の「本醸造 金虎」(金虎酒造)、柔らかい口当たりの「神の井 特別純米 ナゴヤクラウド」(神の井酒造)、まろやかな味わいの「東龍純米(ラベルデザインコンテス)」(東春酒造)、米の旨みを堪能できる「鷹の夢 純米酒」(山盛酒造)といった具合に味わいの違いを気軽に楽しめるとあって評判は上々。
《DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  9. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  10. 【回転窓】田んぼアートと測量技術

アクセスランキングをもっと見る

page top