創業400年迎える有田焼、3Dプリンタ活用など17の新計画 画像 創業400年迎える有田焼、3Dプリンタ活用など17の新計画

インバウンド・地域活性

 日本初の磁器として知られる佐賀県の有田焼が、2016年に創業400年を迎える。これに合わせ、佐賀県有田焼創業400年事業実行委員会が、新たな有田焼のプロジェクトを始動させる。

 佐賀県ではこれまでの有田焼の歴史を「EPISODE 1」と位置づけ、2016年から「ARITA EPISODE 2」という形で全17件のプロジェクトを展開していく。主な内容は有田焼の販路拡大と観光との組み合わせをめざす「ARITA SELECTION」や、フランス・パリのサンジェルマン地区でマーケティングリサーチを行い新たな有田焼の可能性を探る「SEEDS of ARITA」など。

 海外を意識したプロジェクトも多く、「2016/ project」では16の窯元・商社と8か国16組のデザイナーが協業し、世界に向けた新ブランド「2016/」を開発。このプロジェクトでは2年以上をかけ、300点にのぼるアイテムを準備しており、デザインの祭典「ミラノサローネ」でその全貌を発表する予定だ。

 このほか、3Dプリンターによる最新陶磁器デジタルデザイン技術、世界最高強度・精度の磁器素材の開発をめざす「Manufacturing Innovation Project」など、最新技術と組み合わせたプロジェクトも展開される。

 プロジェクトはARITA EPISODE 2のサイトにてまとめられており、各プロジェクトごとに特設ページが用意されている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

アクセスランキングをもっと見る

page top