創業400年迎える有田焼、3Dプリンタ活用など17の新計画 画像 創業400年迎える有田焼、3Dプリンタ活用など17の新計画

インバウンド・地域活性

 日本初の磁器として知られる佐賀県の有田焼が、2016年に創業400年を迎える。これに合わせ、佐賀県有田焼創業400年事業実行委員会が、新たな有田焼のプロジェクトを始動させる。

 佐賀県ではこれまでの有田焼の歴史を「EPISODE 1」と位置づけ、2016年から「ARITA EPISODE 2」という形で全17件のプロジェクトを展開していく。主な内容は有田焼の販路拡大と観光との組み合わせをめざす「ARITA SELECTION」や、フランス・パリのサンジェルマン地区でマーケティングリサーチを行い新たな有田焼の可能性を探る「SEEDS of ARITA」など。

 海外を意識したプロジェクトも多く、「2016/ project」では16の窯元・商社と8か国16組のデザイナーが協業し、世界に向けた新ブランド「2016/」を開発。このプロジェクトでは2年以上をかけ、300点にのぼるアイテムを準備しており、デザインの祭典「ミラノサローネ」でその全貌を発表する予定だ。

 このほか、3Dプリンターによる最新陶磁器デジタルデザイン技術、世界最高強度・精度の磁器素材の開発をめざす「Manufacturing Innovation Project」など、最新技術と組み合わせたプロジェクトも展開される。

 プロジェクトはARITA EPISODE 2のサイトにてまとめられており、各プロジェクトごとに特設ページが用意されている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 乗降客が順調な伸び、富士山静岡空港の増築・改修が起工

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top