創業400年迎える有田焼、3Dプリンタ活用など17の新計画 画像 創業400年迎える有田焼、3Dプリンタ活用など17の新計画

インバウンド・地域活性

 日本初の磁器として知られる佐賀県の有田焼が、2016年に創業400年を迎える。これに合わせ、佐賀県有田焼創業400年事業実行委員会が、新たな有田焼のプロジェクトを始動させる。

 佐賀県ではこれまでの有田焼の歴史を「EPISODE 1」と位置づけ、2016年から「ARITA EPISODE 2」という形で全17件のプロジェクトを展開していく。主な内容は有田焼の販路拡大と観光との組み合わせをめざす「ARITA SELECTION」や、フランス・パリのサンジェルマン地区でマーケティングリサーチを行い新たな有田焼の可能性を探る「SEEDS of ARITA」など。

 海外を意識したプロジェクトも多く、「2016/ project」では16の窯元・商社と8か国16組のデザイナーが協業し、世界に向けた新ブランド「2016/」を開発。このプロジェクトでは2年以上をかけ、300点にのぼるアイテムを準備しており、デザインの祭典「ミラノサローネ」でその全貌を発表する予定だ。

 このほか、3Dプリンターによる最新陶磁器デジタルデザイン技術、世界最高強度・精度の磁器素材の開発をめざす「Manufacturing Innovation Project」など、最新技術と組み合わせたプロジェクトも展開される。

 プロジェクトはARITA EPISODE 2のサイトにてまとめられており、各プロジェクトごとに特設ページが用意されている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  2. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  6. 大分県の屋内スポーツ施設、ラグビーワールドカップまでに完成

  7. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  8. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  9. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top