クリスマスもお米で! 山形県で米粉クリスマスケーキ販促 画像 クリスマスもお米で! 山形県で米粉クリスマスケーキ販促

インバウンド・地域活性

 食糧自給率の向上や米需要拡大を狙い、官民で普及活動が行われている米粉。パンやケーキといった、従来小麦粉が使われている食品分野での活用が進められているなか、山形県では米粉を使ったクリスマスケーキのキャンペーンが行われている。

 今年のキャンペーンは県内25店のパティシエが協力して行うもの。各参加店が県産米を原料とする米粉を使ったケーキを販売し、購入者のなかから抽選で県産農産物や参加店で使える商品券がプレゼントされる。山形県米粉利用拡大プロジェクト推進協議会が主催し、山形県菓子工業組合、山形県洋菓子協会らが後援している。

 キャンペーン対象のケーキは12月25日まで販売。プレゼントキャンペーンへの応募は2016年1月12日までとなっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  3. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

    横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  4. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  5. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  6. 自由が丘駅前再開発/過密化、老朽化からにぎわい創出の町へ

  7. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  8. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  9. 富裕層インバウンドの法則その8

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top