無人トラクターにアシストスーツ…国際ロボット展で農業支援技術 画像 無人トラクターにアシストスーツ…国際ロボット展で農業支援技術

インバウンド・地域活性

 農作業や福祉介護、産業用などのロボットを紹介する展示会「国際ロボット展」が2日、東京都江東区の東京ビッグサイトで始まった。農水省などは共同で「農業ロボットパビリオン」を開設。自然相手の農業にも最新の電子技術が取り入れられ、技術革新が起きている実態を示した。無人トラクターやアシストスーツといった無人化、省力化技術に来場者の関心が集まった。

 日本ロボット工業会などの主催。「農業ロボットパビリオン」では農機メーカーなどが、農水省の事業で開発した最新成果を紹介した。ヤンマー(株)(大阪市)はGPS(衛星利用測位システム)を使って無人走行ができるロボットトラクターを展示。人が運転する従来のトラクターとの協調作業を想定し、作業者1人で作業効率を2倍にできる。全国4カ所で実証作業をしている。

 井関農機(株)(松山市)は、土壌センサーを搭載した施肥田植え機を紹介。センサーが田の深さと土壌の肥沃(ひよく)度を計測し、リアルタイムで施肥量を調節する。土壌の状態に適した量の施肥ができる。これで倒伏を防ぎ、肥料の節減もできる。メーカーでは、「区画整理で複数の田を一筆にまとめた場合に特に有効」とアピールした。来春に発売を予定。

 一般企業のブースでは、農業利用もできるアシストスーツが関心を集めた。

 (株)イノフィス(東京都新宿区)の「マッスルスーツ」は空気圧が動力で、肩と太ももの動きを助け腰への負担を減らす。既に福祉向けには普及しているが、農業分野ではリンゴやミカン農家、酪農家などで実証を進めている。サイバーダイン(株)(茨城県つくば市)も腰の負担を減らす電動のアシストスーツを展示。開発中のモデルで、防じん防水性能を備えて、農作業に対応する予定。

 展示会は5日まで。事前登録で入場無料になる。   

「国際ロボット展」開幕 ロボトラクターアシストスーツ 無人、省力化に関心

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  9. 札幌市・産業共進会場跡地活用、17年2月にも事業者公募

  10. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

アクセスランキングをもっと見る

page top