福井・恐竜博物館、8か月連続で過去最高更新…新幹線効果着実 画像 福井・恐竜博物館、8か月連続で過去最高更新…新幹線効果着実

インバウンド・地域活性

 福井県立恐竜博物館で11月における来館者数が8万1238人を記録し、11月の最多来館者数を更新した。恐竜博物館の月別来館者数記録は、これで5月以来、7か月連続で過去最高を更新している。

 2000年にオープンした恐竜博物館は、年々来館者数を増やし、2014年度には年間約70万人を記録している。今年度は3月に北陸新幹線が開通。県内への観光客増加を受け、11月においても過去最高だった2014年の約6万人から2万人以上と大幅増。4月から11月までの総来場者数は750万人を超え、昨年度までの年間来場者数記録を更新している。

 館として初となる年間来場者数80万人達成も見込んでおり、すでに記念イベントも企画しているとのこと。恐竜ブームの再燃や館でのイベントも追い風となり、新幹線整備によるストック効果が大きく表れたといえそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  6. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  7. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  8. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  9. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  10. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top