【国際ロボット展】トラクターを無人化する「ロボトラ」、ヤンマーで実証実験進む 画像 【国際ロボット展】トラクターを無人化する「ロボトラ」、ヤンマーで実証実験進む

イベント

 農機や工機などを手掛けるヤンマーは2日、東京ビッグサイトで開催中の「2015国際ロボット展」で、現在研究開発中の「ロボトラ」に関する展示を行った。

 ロボトラとは無人走行を実現したトラクターのこと。これを先行して動作させながら、利用者がもう一台のトラックに乗って随伴し、監視をしながら合わせて作業を行うといった運用を想定している。作業効率を2倍に向上させるだけでなく、例えばロボトラに耕運をさせながら、その後ろから播種を行うような使い方も可能。これにより雨の日には行えない播種についても、天候が怪しい中で素早く作業を終わらせられる。

 なお、現在位置の認識にはGPSを利用するが、受信状況の怪しい環境では補助的な基地局の設置や、準天頂衛星初号機「みちびき」の利用も想定。利用者はタブレットで動作状況を把握でき、現状では無線LANによるアドホック接続が途切れると、自動で作業を停止するような設定になっているという。

 また、作業の指示については、あらかじめタブレット上で内容を指定する形となる。ヤンマー側であらかじめ農地に合わせたプログラミングを入力することで、以降は同じ動作を繰り返させるような運用となる。このため、一般の農業者でも予備知識なしでの利用が可能。一方で、タブレットで操縦するような使い方には、現時点では対応を予定していないという。

 現在は北海道帯広など国内4か所での実証実験を行っているとのこと。なお、GPSの精度の問題もあるため、ある程度に広い農地での利用を想定しているとのことだ。

 一方で安全面については現在、農作業の無人化についてのガイドラインを策定中とのこと。来年3月までにはワーキンググループからの公表があるため、それに合わせた対応を予定しているという。なお、実証実験ではセンサーで周囲を確認し、危険を感知するとエンジンをかけたまま停止するような仕組みを取り入れたとのことだ。
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

    LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

  2. 移住歓迎! 広島県が県内男性と東京女子の婚活イベント 11月6日から募集

    移住歓迎! 広島県が県内男性と東京女子の婚活イベント 11月6日から募集

  3. 【ウェアラブルEXPO】Beacon端末をウェアラブルする新提案、居場所検知や盗難防止などに

    【ウェアラブルEXPO】Beacon端末をウェアラブルする新提案、居場所検知や盗難防止などに

  4. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  5. ウェアラブルの未来へ……最新端末と技術を展示する「ウェアラブルEXPO」が開幕

  6. 【ウェアラブルEXPO】ワインにもウェアラブル、スマホが教える「今が飲み頃」

  7. 時代劇の世界で酒を楽しむ! 「東映太秦映画村×京都」で地方創生

  8. 【農業ワールド】農薬を散布できる自動飛行型ドローンが登場

  9. 3Dで見るマイホームの完成ビジョン、バーチャル展示場が登場

  10. 【ウェアラブルEXPO】光るドレスの電気回路は接着剤……セメダインの導電ペースト

アクセスランキングをもっと見る

page top