圏央道を使うと海老名~久喜が28分短縮…ナビタイム分析 画像 圏央道を使うと海老名~久喜が28分短縮…ナビタイム分析

インバウンド・地域活性

ナビタイムジャパンは12月2日、「交通コンサルティング事業」が交通ビッグデータを用いて分析した、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)桶川北本IC~白岡菖蒲IC間開通の影響を発表した。

交通コンサルティング事業では、ナビタイムジャパンの提供するスマートフォン向けカーナビアプリのプローブ交通情報や経路検索条件データなど、交通ビッグデータを用いた交通・観光分析を行っている。

今回の分析では、圏央道 桶川北本IC~白岡菖蒲IC間が10月31日に開通したことで、道路交通や観光にどのような影響があったのか、交通ビッグデータを用いて明らかにしている。

東名高速 海老名JCTから東北道 久喜JCTまでの途中の経路をプローブデータを用いて圏央道開通前後で比較したところ、開通前は首都高経由を利用するドライバーが90%・平均所要時間98分だったが、開通後は90%が圏央道経由となり、平均所要時間も70分と28分短縮していることがわかった。

また圏央道開通前は、一時的に終点となっていた桶川北本ICからは通過交通が桶川市内に流出し、一般道路の渋滞の要因となっていた。開通後は、桶川北本ICからの通過交通の流出が減少したことで渋滞が緩和し、坂田交差点までの所要時間が3分短縮し、坂田交差点の信号通過時間も直進が31秒、右折が67秒短縮していることがわかった。

圏央道開通で海老名JCT~久喜JCTの所要時間28分短縮…ナビタイム分析

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

    エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  2. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

    小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

    【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  6. コンビニ弁当、冷凍食品、牛丼、回転ずし……米卸や外食業者、業務用の調達強化 

  7. 北海道新幹線で最も長い渡島トンネル、南鶉工区が起工

  8. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  9. 卓球ラケットのラバー製造一筋50年の職人技……東京・ミツホゴム工業

  10. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top