圏央道を使うと海老名~久喜が28分短縮…ナビタイム分析 画像 圏央道を使うと海老名~久喜が28分短縮…ナビタイム分析

インバウンド・地域活性

ナビタイムジャパンは12月2日、「交通コンサルティング事業」が交通ビッグデータを用いて分析した、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)桶川北本IC~白岡菖蒲IC間開通の影響を発表した。

交通コンサルティング事業では、ナビタイムジャパンの提供するスマートフォン向けカーナビアプリのプローブ交通情報や経路検索条件データなど、交通ビッグデータを用いた交通・観光分析を行っている。

今回の分析では、圏央道 桶川北本IC~白岡菖蒲IC間が10月31日に開通したことで、道路交通や観光にどのような影響があったのか、交通ビッグデータを用いて明らかにしている。

東名高速 海老名JCTから東北道 久喜JCTまでの途中の経路をプローブデータを用いて圏央道開通前後で比較したところ、開通前は首都高経由を利用するドライバーが90%・平均所要時間98分だったが、開通後は90%が圏央道経由となり、平均所要時間も70分と28分短縮していることがわかった。

また圏央道開通前は、一時的に終点となっていた桶川北本ICからは通過交通が桶川市内に流出し、一般道路の渋滞の要因となっていた。開通後は、桶川北本ICからの通過交通の流出が減少したことで渋滞が緩和し、坂田交差点までの所要時間が3分短縮し、坂田交差点の信号通過時間も直進が31秒、右折が67秒短縮していることがわかった。

圏央道開通で海老名JCT~久喜JCTの所要時間28分短縮…ナビタイム分析

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  5. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  6. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  7. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

  8. 豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ

  9. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  10. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

アクセスランキングをもっと見る

page top