国交省が「建築物省エネ法」施行を控え政令・告示案まとめる 画像 国交省が「建築物省エネ法」施行を控え政令・告示案まとめる

マネジメント

 延べ床面積2000平方メートル以上の新築非居住建築物に最新省エネ基準への適合を義務付ける建築物省エネ法が来年4月1日に一部施行されるのを控え、国土交通省は詳細な運用ルールとなる政令・告示案をまとめた。同法の実効性を高めるため、建築主に講じるインセンティブ措置の適用基準を規定。13年に整備された最新省エネ基準を目安に、建築設備の年間1次エネ消費量を1~2割削減できれば上限容積率を最大10%割り増すとした。
 同政令・告示案に対する一般からの意見を29日まで受け付ける。来年1月の公布を経て同4月に施行する。
 延べ2000平方メートル以上の新築非居住建築物の最新省エネ基準への適合義務は、同法が全面施行される17年4月に始まる。これに先行して来年4月に導入される建築主向けのインセンティブ措置では、最新省エネ基準を目安に、オフィス・商業ビルなどの非居住建築物で建築設備の年間1次エネルギー消費量を2割、マンションなどの住宅で1割それぞれ削減できれば、上限容積率を最大10%割り増す案を今回の政令案でまとめた。
 インセンティブ措置の活用方法は、階数の積み増しや床面積の拡大ではなく、太陽光発電や熱電併給の空調システムといった省エネ型の建築設備の設置に限定する。省エネ設備の設置に必要とする分の容積率を事実上相殺し、できる限りの設置を促す狙いがある。
 告示案では、インセンティブ措置を活用して設置できる建築設備の対象として、▽太陽光発電など再生可能エネ活用設備全般▽燃料電池▽コージェネレーション設備▽地域熱供給設備▽蓄熱設備▽床据え付け型の蓄電池-などを規定した。

国交省/建築物省エネ法政令・告示案作成/1次消費1~2割減で上限容積率10%割増

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(1):欧米・アジアで展開するプロロジス・山田御酒社長

    物流デベロッパー・トップの視点(1):欧米・アジアで展開するプロロジス・山田御酒社長

  2. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

    二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  3. 気温35度以上の猛暑日は在宅勤務OK!

    気温35度以上の猛暑日は在宅勤務OK!

  4. 日本工営、国内コンサル・新事業を強化、近畿と福島に人員シフト、海外M&Aも加速

  5. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(下)】国の成長戦略に研究の種

  6. 三菱重工、第1四半期決算は前期比5%の増益……民間航空機や商船が好調

  7. 消費増税の延期、緊急経済対策に現実味、正念場のアベノミクス

  8. 未来のトラックに求められるのは「高い安全性能」

  9. 楽天の加速する「地方戦略」 ――金沢市・富山銀行と提携を発表

  10. 公共工事の労務単価、法定福利費加算を継続で社保加入徹底促進

アクセスランキングをもっと見る

page top