東京メトロ、8か月だけ使用された新橋駅「幻のホーム」公開 画像 東京メトロ、8か月だけ使用された新橋駅「幻のホーム」公開

インバウンド・地域活性

 東京メトロは11月28日、銀座線全線の大規模リニューアル事業の一環として実施しているデザインコンペのうち、活用アイデアを募集している新橋駅の「幻のホーム」を応募予定者に公開した。当日は建築士やデザイナーなど約80人が幻のホームを見学し、活用方法に思いを巡らせた=写真。
 幻のホームは70年以上前にわずか8カ月間だけ使用されていた。銀座線のうち、当時は浅草~新橋間を「東京地下鉄道」、新橋~渋谷間を「東京高速鉄道」がそれぞれ運営していたが、直通運転で両社の線路が接続された際、東京高速鉄道の新橋駅を閉鎖。同駅のホームは今も残され、駅関係諸室や夜間の留置線として使用されている。
 見学会の参加者は少人数のグループに分かれ、1グループ30分の持ち時間の中、同社の担当者の説明を聞いたり、ホームの各所を撮影したりした。参加者の一人は「(活用アイデアの)漠然としたイメージはあったが、実際に見てだんだんとアイデアが浮かんできた。昔ながらの雰囲気があり、それを生かしつつ、今の時代にあったものを提案したい」と話した。
 コンペでは事前登録を22日まで受け付けている。16年1月6日までに作品の提出を求め、同2月中旬の1次審査、同4月中旬の2次審査を経て、最優秀賞などを決める予定だ。

東京メトロ/新橋駅「幻のホーム」公開/活用アイデア提案の参考に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

    九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  4. 【規制緩和が生む新観光業:1】地方特化の通訳ガイドはじまる

  5. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 【規制緩和が生む新観光業:2】地域力で稼ぐツアー事業

  8. 九州一丸で輸出 JA宮崎経済連九経連が新会社

  9. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  10. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

アクセスランキングをもっと見る

page top