ルネサス、自動運転向け処理を強化したプラットフォーム「R-Car H3」を発売 画像 ルネサス、自動運転向け処理を強化したプラットフォーム「R-Car H3」を発売

IT業務効率

ルネサス エレクトロニクスは、車載コンピューティング・プラットフォーム 第3世代「R-Car」の第1弾SoC(システムLSI)「R-Car H3」を製品化し、12月2日よりサンプル出荷を開始した。

R-Car H3は、自動運転時代の車載コンピューティング・プラットフォームとして利用できるよう、従来の「R-Car H2」から大幅にコンピューティング性能を向上。ARM社の64ビットアーキテクチャCPUコア「ARM Cortex-A57/A53コア」を採用し、4万MIPS以上の処理性能を実現する。

また、3Dグラフィクスコアにイマジネーションテクノロジーズ社の「PowerVR GX6650」を採用し、グラフィクス表現力も強化したほか、認識処理に最適な構造を持つルネサス独自の並列プログラマブルコア「IMP-X5」を搭載し、従来の4倍の認識処理性能を実現している。

R-Car H3は、大量の情報をリアルタイムにかつ正確に処理し、ドライバに的確に通知する車載情報システムに加え、安全運転支援システムにも利用できる、自動運転時代に向けた車載コンピューティング・プラットフォームとなっている。

新製品の量産は2018年3月から開始、2019年3月には月産10万個を計画している。

ルネサス、自動運転時代の車載コンピューティングプラットフォーム「R-Car H3」を発売

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  3. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  4. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. 多関節ロボット、成功のポイントは?

  6. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  7. 【定額制ビジネスに勝算あり:1】ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む

  8. 【特集・スマート決済】人手不足を解消する「Airレジ」のメリット

  9. 進むIoT化! 日清食品がIoTを活用した新工場建設を発表

  10. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

アクセスランキングをもっと見る

page top