【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した? 画像 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

インバウンド・地域活性

 広さは30ヘクタールと東京ドーム6個分以上の農地に、有機栽培で育てられた米、麦、大豆。それをわずか8人の人手で手掛けている農園がある。群馬県藤岡市にある古代米浦部農園。1990年にこの地で農業を始めて以来、変わらぬ姿勢で田畑を耕してきた。

 創業者は今でも農園で先頭に立って働く浦部夫婦。妻の浦部眞弓さんによると、かつて2人は東京で働いていた公務員だったという。しかし、眞弓さんが32歳でベーチェット病をわずらったことで、夫婦は故郷に戻り、有機農家という生き方を選ぶことになる。

■自分が生きるための米を求めて

 浦部眞弓さんが発症したベーチェット病は、現代でも難病の一つに挙げられる病。口腔の粘膜や眼、関節、血管などに炎症が発生する。眞弓さんはこの病によって一時は寝たきりになり、失明寸前にまで追い込まれた。

 夫の修さんの実家がある藤岡市に戻ったのは、療養のためというのもあったが、何よりもまず食べるためだったと眞弓さんは話している。それは、お金のためというだけではない。文字通りに身体が受け付ける食物を探すためだ。この時、眞弓さんの身体は農薬を受け付けなくなり、食料のほとんどを自然食品店で購入していた。しかし、当時は有機JAS法のようなガイドラインが無かったため、“無農薬”や“有機栽培”とうたっていても、相当な当たり外れがあったという。

 だから、田舎に戻れば安心して食べられるものが手に入るはずだと、その時浦部夫婦は考えていた。実際に野菜については、各農家が自給自足のために育てており、無農薬のものが手に入ったという。しかし、米と麦はどこまで行っても、地元に無農薬で育てている農家は無かった。

 これは、カントリーエレベーターという共同調整乾燥機を使って、その土地で採れた米をまとめて貯蔵する、現在の農協の仕組みに問題がある。例え無農薬で米を育てたとしても、他の米に混ざって貯蔵されては意味がない。農協側にも流通経路がないため、無農薬の米は取り扱ってくれなかった。

 しかし、浦部家の実家にはほとんど無農薬で耕してきた田畑があれば、数頭の家畜を育てる中で作られた有機肥料もあった。ならば、これらを使って、自分達で無農薬の米が作れるのではないだろうか?

 こうして浦部夫婦による米作りが始まる。もちろん、有機栽培についての知識などない、技術的には全くゼロからのスタートだった。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

    東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  2. ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

    ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

  3. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  4. グリーンツーリズム、20年までに年間1300万人目標/経済効果も期待

  5. 「わたし夢川ゆい、お米応援大使よ」全農がアニメキャラでPR

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  9. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  10. 東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top