【回転窓】不思議な二つの銘板 画像 【回転窓】不思議な二つの銘板

マネジメント

 仕事柄もあって、建物や構造物に付けてある銘板によく目が留まる。先日は関東のとある海岸で不思議な二つの銘板を見付けた▼双方の銘板は護岸構造物の切れ目を挟むように並べて設置してある。いずれも記された竣工年は1970年代。よく見ると、一つの銘板に〈施行主体〉〈施行者〉と書かれているのに対し、翌年に竣工したもう一つの銘板には〈施工主体〉〈施工者〉とある▼〈施行〉と〈施工〉をあえて使い分けたのかどうかは不明だが、竣工年が連なる二つの銘板の文字がなぜ違うのか。発注者名だけでなく施工会社名も同じだけに、謎は深まるばかりだ▼構造物などに付けられた銘板は、一般市民がその生い立ちや役割に触れられる貴重な情報源といえよう。09年5月に土木学会は、08年度土木学会会長提言特別委員会(委員長・栢原英郎会長)がまとめた報告書で、構造物・プロジェクトの名称や目的、事業主体とともに、設計、施工会社名や実質的な責任技術者名などを銘板に記して設置するよう提言している▼海岸で見付けた銘板の謎は解けていないが、あれこれと想像を巡らせるのも楽しい。

回転窓/不思議な二つの銘板

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

    物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

  2. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  3. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  4. 西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

  5. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

  6. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  7. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  8. 国が認める中小企業経営の相談相手が増えています!

  9. 建設コンサルがM&A加速! 勝ち残りへ事業多角化

  10. 「中小企業の《経営論》」第15回:中小企業による海外販路開拓(3)…代理店とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top