接近車両を検知する自転車用後方レーダー 画像 接近車両を検知する自転車用後方レーダー

IT業務効率

 いいよねっとは1日、米GARMIN(ガーミン)社の自転車用後方レーダー「Varia Jリアビューレーダー」を17日から発売することを発表した。

 テールライトに内蔵した24GHzのミリ波レーダーで、自転車の後方140m以内に接近する車両を検知し、ハンドル部に取り付けたディスプレイユニット、もしくはGARMIN製GPSサイクルコンピューター「Edge」に接近状況を表示する。

 後方のドライバーに対しては、LEDの点滅パターンを変化させることで、注意喚起を促す。

 ディスプレイユニット、リアビューレーダーともに充電式、IPX7の防水仕様となっている。また、シートポストの太さに関わらず設置できるようにアタッチメントはアジャスター付きとなっている。

 価格はVariaJリアビューレーダーセットが36,800円。VariaJリアビューレーダー単体が24,800円。「Edge」を既に持っている人なら、ディスプレイユニットが不要なので単体購入という形になる。

 1日より本製品の予約受付は開始されており、発売日は17日。

接近車両を検知して事故を防ぐ自転車用後方レーダーが登場

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

    外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  2. アウディ、バーチャルリアリティ体験をディーラーに導入開始

    アウディ、バーチャルリアリティ体験をディーラーに導入開始

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. 群馬県沼田市でICT土工研修スタート/建協主体では全国初

  5. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  6. サービス業のIT利用最前線!5 NECが進化させる“おもてなし”プロダクト体験

  7. ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

  8. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  9. ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  10. メンテナンス時期をメールで知らせる、日本キャタピラーの新サービス

アクセスランキングをもっと見る

page top