接近車両を検知する自転車用後方レーダー 画像 接近車両を検知する自転車用後方レーダー

IT業務効率

 いいよねっとは1日、米GARMIN(ガーミン)社の自転車用後方レーダー「Varia Jリアビューレーダー」を17日から発売することを発表した。

 テールライトに内蔵した24GHzのミリ波レーダーで、自転車の後方140m以内に接近する車両を検知し、ハンドル部に取り付けたディスプレイユニット、もしくはGARMIN製GPSサイクルコンピューター「Edge」に接近状況を表示する。

 後方のドライバーに対しては、LEDの点滅パターンを変化させることで、注意喚起を促す。

 ディスプレイユニット、リアビューレーダーともに充電式、IPX7の防水仕様となっている。また、シートポストの太さに関わらず設置できるようにアタッチメントはアジャスター付きとなっている。

 価格はVariaJリアビューレーダーセットが36,800円。VariaJリアビューレーダー単体が24,800円。「Edge」を既に持っている人なら、ディスプレイユニットが不要なので単体購入という形になる。

 1日より本製品の予約受付は開始されており、発売日は17日。

接近車両を検知して事故を防ぐ自転車用後方レーダーが登場

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. 【特集・スマート決済】他社連携でさらに広がる「Airレジ」

    【特集・スマート決済】他社連携でさらに広がる「Airレジ」

  4. 【スマート林業:3】電力自由化!間伐材で作る再生エネ!

  5. 「ラー麦女子部」が活躍中!ところで、ラー麦って何?

  6. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  7. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  8. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  9. 指紋認証と利用PC制限でマイナンバー流出をブロック、5万円台の管理支援キット

  10. 自作ホームオートメーションなど暮らしを楽しくするIoTコンテスト、作品募集中

アクセスランキングをもっと見る

page top