アマゾン、宅配ドローン新試作機の映像公開、垂直・水平飛行も! 画像 アマゾン、宅配ドローン新試作機の映像公開、垂直・水平飛行も!

インバウンド・地域活性

 米アマゾンが宅配用ドローン(飛行ロボット)「プライムエア(Prime Air)」について、新しい試作機の動画を公開した。8枚のプロペラを持つ「オクトコプター」で、ヘリコプターのように垂直に離着陸し、高度400フィート(約120m)まで上昇すると翼と尾翼後部にある1枚の大型プロペラを使って飛行機のように水平に飛行する。注文から30分以内に指定の配達場所に荷物を届けられるという。ただ、サービスの開始時期は明らかにしていない。

 飛行距離は15マイル(約24km)。55ポンド(約25kg)より軽いというだけで、大きさや重さは公開していない。だが、着陸して運動靴の入った長さ40cm前後の箱を降ろす映像を見る限り、「スモール」といいながら機体の幅は1mを優に超えるものとみられ、一般販売されているドローンよりははるかに大きい。

 さらに空中や地上での高度な障害物検知・回避機能も内蔵するという。着陸地点に犬がうろついているような場合は、場所がクリアになるまで着陸しない。

 ビデオでは、宅配ドローンが自宅近くに来ると「あなたの荷物を配達する準備が整いました。庭に障害物がないか確認してください」というメッセージが配達を依頼した人のタブレットに届く。

 着陸地点付近でドローンは水平飛行から垂直飛行モードに移行し、カメラで画像をスキャンして着陸エリアを探索する。グーグルの宅配ドローン試作機が低い高度で空中から地面に荷物を落とすのに対して、このドローンでは荷物を安全に地上に届けるのが売り物の一つ。見た目で50cm角ぐらいのアマゾンのロゴの付いたプラスチックシートめがけて着陸し、荷物を降ろすと上空に飛び去る。

 アマゾンがドローンによる荷物の宅配計画を明らかにしてから2年が経つが、同社のジェフ・ベゾスCEOがオーナーのワシントンポストによれば、アマゾンの研究所では1ダース以上のドローン試作機が開発中という。そのため、今回の試作機がそのまま実際のサービスに導入されるかどうかは不明だ。

公開されたAmazon Prime Airの動画

垂直・水平飛行も、アマゾンが新しい宅配用ドローン試作機の映像公開

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

    川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  5. 大手が参入できない強みを生かした下諏訪の「温泉ストーブ」

  6. 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

  7. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  8. 「地元産」主婦のキーワードに……食品購入時の最重視ポイントは産地

  9. ボブ・ディランも愛する日本武道館、機能拡張へ!

  10. 増加するインバウンド、貸切バスの臨時営業区域・設定を延長へ

アクセスランキングをもっと見る

page top