地方がプロフェッショナル人材の獲得に続々、北海道はセンター開設 画像 地方がプロフェッショナル人材の獲得に続々、北海道はセンター開設

インバウンド・地域活性

 北海道は1日、北海道中小企業総合支援センター(札幌市・経済センタービル9階)に「北海道プロフェッショナル人材センター」を開設した。

 このセンターは専門的な知識と豊富な経験を備えたプロフェッショナル人材を、道外から呼び込むことを目的としたもの。人材の採用によって新たな商品やサービスの開発、販路の開拓、生産性の向上など、企業の成長戦略の具現化が期待される。

 センターの主な活動は、プロフェッショナル人材活用による経営改善の意欲喚起のためのセミナーの開催、企業訪問等によりプロフェッショナル人材活用による経営改善等の意欲を喚起、金融機関・民間人材紹介事業者・商工団体等との連携のための協議会を開催、プロフェッショナル人材ニーズを民間人材紹介事業者に繋げサポートなど。

 2月公表の総務省「住民基本台帳」によると、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一都三県において、転入者が転出者を上回った年が19年連続してきた。この間、人口の首都圏一極集中が一向に改善されず、地方の人材不足が大きな課題となっている。

 そこで内閣府はみずほ情報総研に委託し、「プロフェッショナル人材戦略全国事務局運営事業」を推進しているが、地方はプロフェッショナル人材の獲得に積極的。今回の動きもその一環で、地方創生の足掛かりとして注目される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  2. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

    十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  3. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  7. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  8. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  9. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top