【回転窓】霜降りて柿黒ずむ 画像 【回転窓】霜降りて柿黒ずむ

インバウンド・地域活性

 食卓から季節感が薄れたと言われて久しいが、スーパーマーケットの果物売り場はまだまだ季節の移り変わりをよく映していると思う。この間までぶどうや梨が並んでいたスペースの主役は、今は柿とみかん。晩秋を飾る鮮やかな色彩である▼ある世代以上の人にとっては、柿はスーパーで買うより庭の木からもいで食べるものというイメージが強いのではないか。売り場に並ぶ柿は「富有柿」「おけさ柿」「次郎柿」と名前も形・大きさもさまざま。干し柿専用の渋柿も売っており、これほど種類があったのかと思わされる▼もっとも、農林水産省の統計では、国内の柿の出荷量はここ数十年の間、大きくは変わっていないので、「もいで食う」はあくまでもイメージに過ぎないのかもしれない▼斎藤茂吉の歌集「赤光」に〈霜ふりて一もと立てる柿の木の柿はあはれに黒ずみにけり〉という歌がある。霜が降り、一本だけある木の柿もしなびて色が黒ずんでしまう。ちょうど今ごろの情景だろうか▼きょうから師走。果物売り場の主役が、柿からクリスマス用のイチゴに交代すれば、間もなく一年も終わりである。

回転窓/霜降りて柿黒ずむ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 富裕層インバウンドの法則その4

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top