【回転窓】霜降りて柿黒ずむ 画像 【回転窓】霜降りて柿黒ずむ

インバウンド・地域活性

 食卓から季節感が薄れたと言われて久しいが、スーパーマーケットの果物売り場はまだまだ季節の移り変わりをよく映していると思う。この間までぶどうや梨が並んでいたスペースの主役は、今は柿とみかん。晩秋を飾る鮮やかな色彩である▼ある世代以上の人にとっては、柿はスーパーで買うより庭の木からもいで食べるものというイメージが強いのではないか。売り場に並ぶ柿は「富有柿」「おけさ柿」「次郎柿」と名前も形・大きさもさまざま。干し柿専用の渋柿も売っており、これほど種類があったのかと思わされる▼もっとも、農林水産省の統計では、国内の柿の出荷量はここ数十年の間、大きくは変わっていないので、「もいで食う」はあくまでもイメージに過ぎないのかもしれない▼斎藤茂吉の歌集「赤光」に〈霜ふりて一もと立てる柿の木の柿はあはれに黒ずみにけり〉という歌がある。霜が降り、一本だけある木の柿もしなびて色が黒ずんでしまう。ちょうど今ごろの情景だろうか▼きょうから師走。果物売り場の主役が、柿からクリスマス用のイチゴに交代すれば、間もなく一年も終わりである。

回転窓/霜降りて柿黒ずむ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

    【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  2. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m!

    東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m!

  4. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  5. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  6. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  7. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. ムーミンテーマパークは飯能市、総事業費150億円!

  10. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top