会話ロボuniboが合成音声「AITalk」採用、国際ロボット展に出展 画像 会話ロボuniboが合成音声「AITalk」採用、国際ロボット展に出展

インバウンド・地域活性

 エーアイは1日、同社の開発する高品質音声合成エンジン「AITalk」が、ユニロボットの次世代型ソーシャルロボット「unibo(ユニボ)」に採用されたと発表した。

 「unibo」はユーザーと会話する家庭向けの小型ロボット。顔や名前を認識でき、会話相手の趣味や嗜好、生活習慣を学習。世界初の相手の要求にこたえられるロボットとうたう。エーアイが提供する「オリジナル音声辞書作成サービス」(有料)と組み合わせることで、家族や友達、アニメキャラクター、タレントの声でuniboに喋らせることも可能だ。

 なお、uniboは2016年7月からの先行販売を予定。2日から5日に東京ビッグサイトで開催される「国際ロボット展」で公開される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

    見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

    【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  6. ~劇場型で魅せる飲食店:1~下町ワイナリーが生む“コト消費”

  7. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 老朽化進むJR茨木駅西口の再開発、まちづくり協議会設立へ

アクセスランキングをもっと見る

page top