小田急バスで「リアルタイム・バスサイネージ」の実証実験 画像 小田急バスで「リアルタイム・バスサイネージ」の実証実験

IT業務効率

小田急エージェンシーとKDDIは、路線バス車内でKDDIのIoT(モノのインターネット)技術で実現する「リアルタイム・バスサイネージ」の実証実験を開始した。

「リアルタイム・バスサイネージ」は、バス営業所(基地局設置場所)での定期的な情報更新と異なり、インターネットに常時つながるバス車載モニターにリアルタイムで情報を更新できる。

最寄り鉄道駅の運行情報や気象情報、ニュースなど、リアルタイム情報を配信する。災害時には台風進路情報、津波情報、地震情報、河川氾濫情報なども配信可能でバス利用者の利便性と安全性向上に寄与する。

これら情報コンテンツに加え、企業広告も時間ごとやバスの車両ごとに表示する内容を変えることが可能。今後のバスサイネージの車内活用方法として提案していく。

実証実験は、小田急バスの協力を得て小田急エージェンシーがサイネージ機器を設置し、KDDIの通信網、コンテンツ配信システムを使って実施する。設置車両は3台で1台につき2カ所モニターを設置する。実施エリアは、小田急バス吉祥寺営業所内の運行エリア。

小田急エージェンシーとKDDIは、今回の実証実験でコンテンツ配信の他、機器設置の安全性、利用者が車内のどこからでも視認できるような設置場所の検討、利用者満足度、広告媒体としての事業採算関連などを検証する。

将来的には電車内のデジタルサイネージとバスサイネージの連携や、営業所単位で販売しているバス広告媒体についてバス事業者間を越えて広域に管理し、魅力的な広告媒体となることを目指すとしている。

小田急バス車内で「リアルタイム・バスサイネージ」実証実験…IoT技術を活用

《レスポンス編集部》

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

    沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  2. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. 家畜バイオマスで水素、電気、温水を製造・供給。北海道で実証事業

    家畜バイオマスで水素、電気、温水を製造・供給。北海道で実証事業

  4. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  5. 「超電導リニア体験乗車」の申し込みは1/25まで

  6. 成長著しいカンボジアで日系IT企業がチャレンジする、屋内位置情報を使ったサービス

  7. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  8. 【ICTが変える高齢化社会:3】働き手に選ばれる職場をICTで!

  9. 双日がインドネシアのIoT企業と提携、海外IoT市場へ本格参入

  10. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

アクセスランキングをもっと見る

page top